腕さばき 脚さばき
前編 👉http://hbs.livedoor.blog/archives/1998277.html
後編 👉http://hbs.livedoor.blog/archives/1998316.html


追加✋


☆ヘッドが落ちてしまう件について。


重さに負けて落ちるのがヘッドなのです。

練習場にて 比較動画_Moment

私は、今のところ落とさない方法が見つかりません。
そのつもりはありませんが、打つときには右手と左手の上下は入れ替わってます。


だから逆らいません。

動物はムリなコトに出会えば、すぐ逃げます。

人間は頑張る人もいます。
頑張らないのがモットーなので、
ここは、グリップを逃がすことで、
落ちる位置をボールのところまで持っていければ、足りてます。

勝ちです。


グリップを逃がしていくパーツは、
腕捌きと、もうひとつは、左ヒザ(左脚)だと思います。


練習場にて 比較動画_Moment(3)練習場にて 比較動画_Moment(2)






トレビノ先生はこれが素晴らしく、
クラブと腕の動きに目が行きますが、
うまく左ヒザの方向を曲げたまま変えていって、
右脚もほとんど動かしていない、とても味わいある連動で、
グリップを送っていきます。


手の限界を補っていると見てます。


記事に頻出しますが、
腕をロックして打つとこのような動きになります。


オールドタイマーですが、
ニクラウス、ワトソン、ノーマン、
そしてソレンスタムは皆この左ヒザの動きをします。

✊シャコーンと突っ張る動きはありません。

腕の動きと左ヒザの方向転換でスピードも上がります。