クラブを振ろうとして クラブに振られる
というのが 多くのゴルファーの陥るスイングです。


何度も書いていますが、
ゴルフクラブは からだの向きを変えて、クラブを持つ腕を移動させ、
その結果として グリップを動かし ボールを打っています。
シャフトの先に付いているヘッドは 特出して重量を備え、
その重量は スイングと言う円を描く動きの中では
 移動分/運動分 重量が積算で増えます〜重くなります。
重くなる分、グリップの移動以上にヘッドは動かない、
ヘッドの重量加算分、ヘッドの方が多くは動けません。

 ✊世界共通の物理原則です。

にもかかわらず ヘッドは円を描くから…
それは自分が円を描くのではなく、からだの向きを変える という
無意識な円にもかかわらず、
それによって 外周に当たるヘッドがたくさん移動するから、
速く移動するから、 と言って
自主的に ヘッドで円を描いたり、
グリップよりも多く、速く動かそうとすれば
その重さや遠心力によって
からだの回転と言うモノの軸ブレを起こすのは【必然】です。

特徴的な部分があるので
 動画にしてみました。


#ゴルフスイング

こすり打ちやアウトサイドイン などに悩む人の典型が
ダウンスイング、トップの位置からインパクトに向けての
左半身、特に左股関節〜左骨盤と左足 の動きです。

茲離好ぅ鵐阿任
トップオブスイングから 左股関節がいきなりボールから離れていきます。
アドレスからテークアウェイを想像してみて下さい。

ボールと正対した状態から からだの向きを右向き(右打ち)にすると
左骨盤や左股関節は ボールを通過して・・・
一旦 ボールに近づいてから 離れていきます。
ですので ダウンスイングでも
左股関節は 一旦、ボールに近づいた後 離れていくはず…です。

ところが 茲離好ぅ鵐阿呂いなり 離れてしまっています。

スイングの時間構成は
アドレスを起点として
❶行きの右向き
❷帰りの右向き
❸行きの左向き
の3つの大まかな区分に分かれます。
V字を維持してみよう 上編_Moment(2)

❶と❷の間が トップオブスイングとか、切り返し と呼ばれる部分、
❷と❸の間が インパクト です。


しかし 股関節を使わず、
からだの回転差を胴体のひねり(ねじり)で作る場合、
全てのモノが ゴムをひねり〜捻り戻すように動くので
一番、外周にあるヘッドは一番後に動くことになります。
テークアウェイでも よ〜〜く見ると
 そうやって動かしているのが判りますよね。
2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)


本来、グリップよりも重さ分、動こうとしないヘッド部を振る
動きをすると その遠心力…外にはらもうとするチカラ を
からだを引いて、別な言い方をすると ボールから離れながら
打とうとしないと 所定のボールの場所をヘッドが通過しません。

トップオブスイング から いきなり
左サイドをボールから離す というのは
上の時間区分で言うと
❷がいきなり消えてしまうコト になるのです。
ダウンスイング…と呼ばれる部分が動作から消えてしまうのです。

からだの軸からヘッドのまでの 支点運動、
シャフト角度で言うと 20〜30度位 の動きを作れるダウンスイング
❷の 帰りの右向き の時間 です。
それが動作から消えてしまうのですから
 手でそれを作らなければ ボール打てません。
それが手打ちの正体です。