スイングの見方 と言う点で
 参考にして頂きたいことが有ります。

自分も含め、ゴルフスイングを見る時、
兎角、たくさん動いている部分、速く動いている箇所、
ゴルフスイングの場合であれば
ヘッド、ゴルフクラブ、腕 等に 目がいきがち 👀 です。


そのヘッドはクラブの先端にあり、
そのクラブは両手によって握られています。

その腕の付け根、両肩の動きはどうなのか❓

そして その両肩の土台となる、左右の両骨盤、股関節の動き
 はどうなっているのか❓

✋✋✋そう言うトコロにも目を向けてみましょう!




インパクト付近、厳密にする必要は全くありませんが、
ボールと正対している、からだの正面でボールを見ている、
この状態、この時のからだの姿勢 というのは
アドレスのように 左右の肩からボールまでの距離
左右の骨盤や股関節からのボールの距離は
同じとは言いませんが、極端に差がない、似た距離になります。

二つ(2018年3月 / 2020年6月)のスイングは
茵クラブヘッドを振る(振りたい)
蕁クラブヘッドを振らない(振りたくない)

という スイング動作にとって 最も大きな概念の違い
が はっきり出ており、
それが 結果として、脚や下半身の使い方、手の振り
に表されています。

ヘッドを振るコトが打撃と思っている茲留覗は
物理的な理由から
からだの回転差 を
股関節  骨盤と大腿骨 で作らず
胴体〜上半身をねじるコトで造っています。

故に トップオブスイングの姿勢も中途半端・・・。
蕕鉾罎戮襪函 ̄軸足・右股関節が使えていません。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(3)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)










このような部分で…例えばトップの姿勢や恰好 
そこで重要なのは 姿勢や恰好 ではなく、
なぜ この姿勢や恰好になるのか❓ と言うポイントです。
姿勢や恰好を真似たり、形式上、造ったとしても
自分の打ちたい方法がある限りは
それは単なる飾りの この場合では「トップの姿勢」になるだけ、です。

何度も書いていますが、
ゴルフクラブは からだの向きを変えて、クラブを持つ腕を移動させ、
その結果として グリップを動かし ボールを打っています。
シャフトの先に付いているヘッドは 特出して重量を備え、
その重量は スイングと言う円を描く動きの中では
 移動分/運動分 重量が積算で増えます〜重くなります。
重くなる分、グリップの移動以上にヘッドは動かない、
ヘッドの重量加算分、ヘッドの方が多くは動けません。

 ✊世界共通の物理原則です。

にもかかわらず ヘッドは円を描くから…
それは自分が円を描くのではなく、からだの向きを変える という
無意識な円にもかかわらず、
それによって 外周に当たるヘッドがたくさん移動するから、
速く移動するから、 と言って
自主的に ヘッドで円を描いたり、
グリップよりも多く、速く動かそうとすれば
その重さや遠心力によって
からだの回転と言うモノの軸ブレを起こすのは【必然】です。

そこの部分の概念〜脳内イメージ が変わらないと
 スイングとしての動作の変化は 決して天から降ってくるコトはありません✋