よく耳にする ゴルフスイング用語、
 〜【タメをつくる】〜 についてのお話し。

タメの有るスイングとか、今のは良いタメだ、などと聞きますが、
いったい タメ って何でしょう?
おそらく 該当する漢字は 「溜め」だと思います。

この場合の タメ は 何かに対する何かの遅れ、ズレ に
相当すると思いますが、
ゴルフクラブの場合、特にシャフトに関しては
グリップに対し、ヘッドが遅れ、
それを「シャフトの弾き、もしくは、反発 によってボールを弾く」

だと思われています。

 コレ、クラブ製造、シャフト開発 の立場から言わせて頂くと
それが シャフトの仕事、役割だと「勘違い」している人が
殆どだと思うのですが、はっきり言って 間違い です。
達人のココから盗め_Moment(4)

ヘッドがグリップに対し、遅れて、それをシャフトが反発し、
ボールを弾く のには そのシャフトが弾く分、
グリップを止めなくてはイケマセン。

グリップが一定の速度、または加速状態 である限り、
シャフトがどんな硬さ〜柔らかさ であっても
シャフトがどんな高弾性であっても
ある一定のシャフトのしなりが保たれたまま、
硬さ〜柔らかさ の分、グリップとシャフトの相対関係は
永遠に続きます。

そもそも、グリップに対するヘッドの遅れ、ズレ を
✋ロフトの立ち にするのか、
✋ロフトの開き にするのか、

によっても 考え、やることは大きく異なり、

❶ロフトの立ち、であれば達人のココから盗め_Moment(2)
その、所謂、シャフトのタメ、ヘッドの遅れ を保ったまま
グリップを移動し続ける、一定の速度、もしくは加速させ
グリップを動かし続ければ良いだけ です。

❷ロフトの開き、であれば
そのままではボールは打てません。
極端に言えば、スイングの中でロフトが寝れば、
フェースでなく、ソールがボールと相対するコトになってしまいます。
ロフト、フェースを元に戻す
 開いたフェースを閉じる方向に動かさなくてはなりません。
これは 前述の通り、グリップの移動を減速、停止させねば
実現不可能な訳ですから、
タメを作ったとしても そのタメを開放、結局、元に戻さなくてはならない
しかも、その動作が人為的なモノ であるなら
タメ ソノモノの意味は全く無いばかりか、
より一層忙しく、難しくするためのモノ が タメ になる訳です。

ハンドターン (3)



❶タメ(ヘッドの遅れ)が ロフトに立ち になるのなら
あとは回転し続け、グリップを移動させるだけ。
👉これであるのなら タメ の意味は理解出来ます。

この場合のタメは
 からだの回転に対し、グリップは遅れず、
 ヘッドの重み(運動も加わった)分、ロフトが立つ ですので
ボールをより少ない動作、少なり速度、で
安定させ、繰り返しすることが可能ですので、納得ですが・・・

👉ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ、運動 が加われば
自動的に、オートマチックに出来るタメ を
放置したまま、運動を続ければ良いだけです。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






タメ(ヘッドの遅れ) ロフトの開き(フェースの開き)であるなら
インパクト付近という 一番忙しいトコロで
そのタメを「元に戻す」、より理想的な状態に戻す というコトを
飛ばすために 速い速度で行わなくてはイケナイ
どう見繕っても お得なスイングとは言えませんし、
 タメを作った意味が理解出来ません。

タメを作っても 結局、それを元にもどし、
言ってみれば、片付けを 自分の労力で何とかしなければならない。
それが タメ であるのなら 要らないでしょう。
その 元に戻す行為 が ボールの飛距離と同時に、ショットの是非
方向性や繰り返しをどんどん悪化させています。




その「スイングのタメ」、本当に要るの❓