ゴルフを始めたばかり…その時期、
【スライス】が多発しますから、その気持ちは分かるんですが…

しかし  ボールをつかまえる は スライスの反意語、
とは全く異なります。




スライスは右回転、フックは左回転 の入った球
つかまる/つかまらない とは異なり
つかまったスライス/つかまらないフック と言うのも実際に存在します。

具体的に言うと
スライス/フックは 飛球線とは関係なく
その成り立ちは ヘッドの通ってきた道、
その順路に対しての フェースの左右の向き です。
順路というか、軌跡〜軌道というか
その順路に対し、必要以上にフェースが右向きであれば
ボールには右回転が入り、
その順路に対し、必要以上にフェースが左向きであれば
そのボールには左回転が入ります。

一方、ボールがつかまる/つかまらない は
その上下、縦バージョンです。
ヘッドの上下、高さの移動(変化)
ボールに対しての入射、着地経路 に対し
ロフトが開いていれば つかまった とは言いませんし、
ロフトが閉じていれば つかまった と言います。
555

具体的に言えば (数値は参考例です)
30度のロフトのクラブ が
10度の入射角度で入ってくる とします。
その時の ロフト姿勢が
地面に対しては 20度 (30-10)
入射線に対して 30度
入射角度分以上 立っている状態を つかまる状態 と言います。


確かに ゴルフクラブの打撃部、ヘッドやフェースの形状では
フェースの右向き と ロフトの開き 
フェースの左向き と ロフトの閉じ 
👉👉フェースの向き と ロフトの関係 は 似ている というか
つながったモノ と言えるかも知れませんか、
☑どうスイングするか
☑どうクラブを扱うか(動かすか) 
においては
キッチリを分かれて考えるべきモノ です。


つかまる/つかまらない はヘッドの道のり に対する
上下の問題ですから、ボールの方向性 とは直接関係にありません。
つかまった 右回転 もあれば、つかまった 左回転 のボールもあり得ます。

ところが フェースの左右の回転 には
ボールの左右の回転とともに ボールの飛び出し方向 も絡んできます。
思った方向に行かない〜真っ直ぐ行かない から
✋飛ばしたくても飛ばせない
✋飛ばそうとすると フェースの返しが間に合わず 大きくスライスする
✋つかまえようとすると 大きく左にひっかかる

が行き着く先は かなり飛ばしを妥協した着地点 です。

フェースターン、ヘッドの返しは
握力やよりクラブに近い、手首や腕など
 からだのとっては小さな筋力頼り です。
年齢の影響を大きく受けますし、
 ラウンド中の持久力にも大きく左右されます。

スライスの反意語が つかまえる と言う意識である限りは
自分でつかまった と思う球は 実際には「ひっかけ」です。
主に ドライバーで行っている その フェースターン は
地面から打つフェアウェイウッドやアプローチなどを
 苦労させる原因になっています。
少なくとも フェースの左右の向き と つかまえる は
 関係ない、直接関係にない というコトを理解しないと
必ず そこに引き戻るコト になってしまいます。
IMG_0517

アドレスでは フェースは上下左右 開いても閉じてもいない
スクエア と言うか、 ニュートラル の状態にあるのです。
✋そのまま であれば 閉じる必要はありません。
フェース もしくは ロフト その双方を
【閉じなければいけない】
【閉じ加減が問題】
【閉じられないから失敗】

と考えるのではなく
【閉じなくてはいけない原因】
【閉じなくても良い打撃】

と考えるべきです。