練習場や素振りで
一度 やってみて貰いたいコト があります。

ボールは打たなくてもOK です。

フルショットをする時の トップの位置
自分のトップの位置でいいです。

腕周りは その状態のまま、
 腕周りは「完全に」その状態でロックし
からだだけ 元の、正面を向いた
 ボールとからだが正対した状態の戻してみて下さい。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)

✋この状態では ボールに届きません。



そうすると…
意外、かもしれませんが。。。
おそらく、ですが 多くの人の場合、
右腕が曲がってる分、ヘッドが高い 位で
●ボールに当たる〜ボールに届く あと一歩(一振り) のトコロ
●インパクト まで1ピースだけ足らない 程度のトコロ

まで来ているのでは…無いかと思います。

テークアウェイやダウンスイングの 傍から見た時の円軌道
ヘッドがボールの有る地面の高さから トップの高さまで
2mを超える上下動 上下移動をする訳ですが、
その上下動、高さエネルギーに対しては
 腕は 1/3〜1/4程度しか 加担していません。
ショットやスイングの良し悪しを除けば
 腕を元の状態の戻さずとも 当てるだけなら可能です。
トップの位置のヘッドの高さを作るのに
 実は腕さばきの役割は小さいのです。
その認識を持って頂きたいと思います。



✋腕を伸ばさない…この状態で ボールに届かせてしまう…と
 右腕は最短〜一番短くなった状態ですから
 その分 右サイドはボールに近くなり、(アドレス比)
 右腕に比べ長くなった左腕の分、左サイドは遠ざかります。
4289f9fa-s

👉これが俗に言われる アウトサイドイン 典型例に当たります。
☑手で振るな〜
☑からだの回転で〜

を【本当に】 守っているから、守っているのに こうなる訳です。




元に戻って 手さばき/腕周りは固定し
 からだを正面に向ける、ボールと正対した状態
ここまでの間、ここまでの時間までに 右腕を伸ばし そのあと一歩分
   ボールに届かせてあげる のですが

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)







✋ポイントになるのは
 からだを正面に向ける/ボールと正対した状態 までの時間に
〜【どう 右腕を伸ばしてあげるか】〜
〜【右腕を伸ばして 何をするか】〜
 
です。

方法は大きく分けて 二つ です。
❶届かない分の高さなり、円をヘッドを振って補う
❷グリップを軌道上、前方の移動させる

❶だと からだを止めて、インパクト周りの円軌道を腕で作るスイング
 に辿り着きます。
❷だと、からだの向きを変え続けるコトでインパクトを通過するスイング
 に辿り着きます。

腕作業で上下移動の2〜3割は補助しますが、
基本 腕作業〜リリースの役割は
からだの向きの変更で作り出す軌道 に対し
 クラブの重さ分、ヘッドの重さ分 遅れるのを防ぐ
先回りさせ その遅れ(グリップの遅れ)を補助するのが主目的です。