ゴルフクラブはものすごく良く出来ています。

先日の記事の通り、
ヘッド重量がある程度、しっかりしており
普通に振って、しっかり たわむ(しなる)硬さのシャフト であれば
運動が少ない時は
 ヘッドの位置やヘッドの姿勢、クラブの具合 が判るように
重心位置と言うモノが判別でき、
ある速度を超えると それが直線状に揃う

 二重構造をもっています。

455T-1


アドレスやテークバック、トップの位置
などでは 重心位置によって ヘッドの位置、姿勢 が判りますから
同じコト、同じ動作をする目安になります。
一旦、速い運動になると
 そのズレが解消され、握っている棒、そのもので打てばいいのです。

そう言う特性が 他のスポーツ用品には無い
 ゴルフクラブの特性、というか二面性です。

それを有効に使わない手はありません。


重心深度の深いフェアウェイウッド というのは
正しく使えば
重心が深い ⇒より重量効果が大きい
        ⇒ヘッドが前に出る /ロフトが増える
        ⇒ヘッドが前に出る /入射角度が緩くなる

これらの効果から 打ち出しが高くなり、スピンが減ります。
よって 単純には距離が出し易くなります。
しかし これを 重心を直線状に揃わない使い方 をすると
重心が深い ⇒重量効果が大きい
        ⇒より遅れる /ロフトが増える
        ⇒より遅れる /フェースが開く

で 入ってきて フェースターンすれば
重心が深い ⇒急激に、ヘッドが前に出る /フェースが閉じる
        ⇒ヘッドが跳ねあがる
になるのですから ダふるか、突然ヘッドが跳ねあがるトップ か の
非常に使い辛いキワモノになってしまいます。



ヘッドターン 〜手の返しでボールをさばく方法は
基本的に、重量が一直線上に「揃わせない」方法です。
揃う扱いでは ヘッドの重量による ヘッドの遅れは
 ロフトの立ち に出来ますが、
揃わない扱いでは 
その遅れは ロフトの開き とフェースの開き になります。

それを わざわざ作り、取り返すのは 無駄 ではないでしょうか。
研鑽を積んで 安定度を高める方法も無くはありません。
好きで行っている人は、それを目指すしかありませんが、
どちらであっても、年齢的な衰え で 成功率 が 下がる日は必ず来ます。

そうなった時、ゴルフクラブの性能を利用出来る方法
を取っているか、自分の練習量も含めた 運動性能に頼る方法 なのか
は大きな開きになると思うのです。

edd43161


 同じヘッドスピード であったとしても
腕も含めたゴルフクラブだけが動いているのと
からだ と言う重たいモノも一緒に動いているのでは
まったく 同じ なんでしょうか❓
安定度はどちらなんでしょうか❓
繰り返し易さはどちらなんでしょう❓
動いていないからだと動いている腕 その接点が痛まないのでしょうか❓

イチからゴルフを誰かに教える として
その人が腕力や体力に自信がなかった、としたら
満足感がある 手で振るスイングを教える べきでしょうか
oto_Moment

年齢を重ねると 若い時には思いもよらなかった
ボールが上がらない、ゆえに飛ばないや止まらない を体験します。
その時、ヘッドスピードを上げろ は酷です。
そうなった時、クラブに頼れるようにして置いた方が良いのではないか
と 私は思っています。