ゴルフクラブの部材としての
【グリップ】ではなく、
握り方の方のお話し…

ハミングバードの考える、グリップ(握り方)の良し悪し
というか、美しさは 
左右のグリップの密着度
言葉は奇妙ですが、左右のグリップの上下の密着感
       
  (左右の手首の高さのズレ)
にあると思っています。

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)








ですので、密着度があれば

それが インターロッキング、オーバーラッピング、
インターメッシュでも良いし、

ややフィンガー気味をお薦めしますが、
密着度が高いのであれば フィンガーでも、パームでも、

右手に限っては ややフックめでも、ややスライスめでも
程よければ どちらでも良いと思っています。
(✋最終的なグリップの答えは 必ず訪れます✋)
ベースボール〜テンフィンガーにおいては
その握り方が 上下の密着度を高められないグリップなので
推奨はしません。

グリップは どんなグリップをするか と言うより
左右の上下の密着度 によって アドレスもスタンスも
大きく左右されます。
元々、微妙にですが、左と右はズレたところ、
右グリップは左グリップよりも「遠く」を握ります。
その遠さが これも奇妙な言葉ですが、
出来るだけ「遠くない」遠さが理想的 です。

swing102スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)











右グリップがややフック気味、であっても、

スライス気味、であっても 
その密着度は 左のグリップの仕方 によって
決まってしまうので、
グリップの良さ、グリップの美しさは『茲離哀螢奪彈‖茵
と言えるかもしれません。

グリップの密着度は その人がどのようにクラブを扱っているか、
☑手の返し、手や腕でクラブを振るのか
☑からだの回転でクラブを直に動かすのか
の指標であり、グリップを先に治してから、スイングを作るか、
スイングを修正しながら、その成熟度の目安として
 左右のグリップの上下の密着度を見るのか
お好みの選択…と言った感じです。


悶絶クラブでない、市販のクラブのグリップ交換もごくたまに
行いますが、その際、蕕凌道悗遼猝廚激しい方は
(シャフトが硬い〜激しくこねないとボールが打てない)
総じて、その摩耗でへこんでいる人も かなり下の方(ヘッド寄り)で
二重の意味で 「あちゃ〜」 と心の中でつぶやいています。



✋右グリップは 9割がた、左グリップ次第、
左グリップをどうするか、によって決まってしまいます。
そう言う意味では、右グリップの変更は
 左グリップ程難しくありません。

その 
左グリップを治す というのは
スイング改造の中では 非常に難易度の高いモノ です。
最大のイバラの道かも知れません。


一番多く見られるケースは 左のグリップ、茲亮蠎鵑世韻failgrip
甲側に折れており、場所として本来、右グリップが入る空間を
浸食、占拠しているケースです。
左グリップの手首が甲側に折れれば、自動的に
左のグリップは過度なフックになりますから、当然、そうなります。


そして そのグリップの理由は、
テークアウェイの初期、動き出しで、
左腕を回内(ローリング)することで始めるコト
kainaikaigai

左腕だけの動きでスイングを始めるコト で
つまり、手さばきで スイングをスタートするコト です。
これに 例外は殆ど見当たりません。

この時点、アドレスから 1秒、イエ 0.5秒もたたない初期動作で
手打ちをするコトが確定、振り遅れることが確定、
後々、クラブを寝かしたりの不必要な修正動作を除けば
 その時点で、アウトサイドインに振る事が確定しているのです。

手で上げない ようにするには
いばらの道の「左グリップの改修」が手っ取り早いです、
言葉通り、いばらの道(精神的に…ですが) ですので、
ワンポイントアドバイスを✊

テークアウェイを右手、右腕、で行って見てください。
理想を言えば、右ひじ、もしくは 右上腕の背後への移動
と 胴体の右向きをリンクさせる形 で。

そのコツは 【からだの回転よりもやや先目】 に、
☑右ひじを曲げる か
☑右上腕を上げる か
☑右ひじを背後に引く
 を行うコト。
左手は、「右手一本だと辛いから」 手伝っている程度で
左手は、クラブの移動そのものには直接関与しない感じで‼
左グリップが その右腕動作によって 動かされそう
というのは からだの向きの変更 で処理します。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





左腕が回内(ローリング)しなければ
左グリップの変更は 格段に容易に行えます。


そこから先、スイング出来なーい、とか

チカラが入らなーい、とか 強く振れなーい、とか
飛ばなそう、とか その手の弱音は関知しません。

一番、始めに ゴルフクラブを握った時、どうだったんですか?
としか お答えできません。