ボールをつかまえる/潰す
と言うのを間違えてしまうトコロが
 【スイング形成の分かれ目】 なのでしょう。

何度も書いていますが、
ボールをつかまえるコトは ロフト
クラブヘッドで言うと 縦 の問題です。
df713d9f-s

そして、そのボールをつかまえる/潰す 👉ロフトを立てる
とは言っても、スイングの構造上、
ヘッドが水平ではなく、やや上から入ってくる(入射角度)
その分、地面に対し ロフトを立てるだけ
縦の軌道に対しては 元のロフト通り、
軌道分、ロフトを下に向ける だけ…です。

その仕組みは ゴルフクラブの重量配分、
そして ヘッドやシャフトと言うモノの構造上、
全体の進行に対し 重さ分、ヘッドが遅れるコト によって
半ば自動的に発生、自然に発生するモノ です。

ハンドファーストにする と言う技術で作り出す
無理やり作り出すモノでは無く、
放っておけば そうなるモノ です。



それを フェース/クラブの向き 横 の問題 として
90度違うモノで 対処してしまっては
【全く異なったゴール】になってしまいます。

それが アマチュアがスイングで悩む分岐点 だと思います。

フェースの向き の開き/閉じ には
かならず ロフトがくっ付いてきており、
その、ロフトの方が ボールのつかまえ につながっているのに
それは おまけ として フェースの開き/閉じ に注視してしまう…。

スイング軌道 と言う話になっても
アウトサイドインとか、インサイドアウト
それに対する フェースの向きという横ばかりを
気にするようになってしまう。

e00bf7e68658a3e6-s








意図的な フェースの開き/閉じ は
自然に遅れるヘッド〜遅れたまま入ってくるはずのヘッド
(もしくは、重さ分自然に発生するハンドファースト)
それを解消しなくては 達成できません。
ヘッドファーストにしないと フェースを閉じるコトは不可能です。

全体の進行(からだの回転〜向きの変更)に対し、
それを追い越すには、どこかで全体の進行を緩やかにする、
もしくは止め、手さばきで グリップをヘッドが追い越す行為が必要になります。

ヘッドがグリップを追い越せば 体重は蕕忙弔蠅泙后(残り易い)
右サイドも潜りガチ になります。
腰を止め、腕、肩周りだけを回す時間が生まれるので
インパクトでは腰は大きく開きます。


スライス = 初心者 的な感覚
それが大きいのかも知れません。。。

ロフトの立ち と簡単な言葉にしてしまいますが、
上から入ってくる分、軌道通りのロフトにすれば良いだけ…、
ヘッドの遅れ分、ロフトを地面に向ければ良いだけ です。
横、左右の軌道とフェース向き とは関係ないのです。
飛距離 と言う面で言うと
ロフトが正しく使えていれば 右回転でも左回転でも
大きな差は無いのです