クラブを新調、セッティングするとします。
002


あくまでも、仮の設定、仮の人物ですが、
 ◌市販のクラブに長年慣れてきた人
   年齢 60歳位 の男性
 としましょう。


仮に ドライバーを
45インチ
 元々の弾道質、にもよりますが、
ロフト10.5〜11.5度
 段々感じてきた体力不足、飛距離不足から
 ヘッド重量をちょっと重め 195g → 210g 
 自分にとって キツク無い、程よい硬さ 振動数200cpm
 をセットしたとします。
市販のクラブに慣れてきた と言う条件と年齢/体力を考えると
あまり慣れに時間を要さなくても良いスペック です。

003この状態で 表記上 の R.SR. 相当の
アイアンをセット、購入すると 
 #5アイアンを 軽量スチールの平均値 で
 振動数280cpm あたりが自動的にやって来ます。

 
スイング破壊兵器の N×9×0 のSR で280〜290cpm です


セットと言う意味で
45inのドライバーが振動数200cpm であれば
それとマッチする、セットになる硬さは #5の長さで220〜230cpm
230cpmではちょっと硬すぎ…かも、と言ったところです。

それと比べると 230でも硬いのに、それよりも更に50cpm
フレックス(硬さ)言うと
 ❺フレックス分も硬いシャフトのアイアンを手にしたとします。




yjimageLL1DHR4Z

ステップ
だいたいのケース、一般的なアマチュア であれば
ショットの練習、スイングの練習などは アイアンで行います。
練習の球数は 7;3以上の関係でアイアンでしょう。
この場合は 260cpm(5番アイアン)…
 本来、自分にとって ちょうど良い硬さ…よりも ❺フレックス
硬いシャフトで練習する訳です。
それで掴んだタイミング、硬いシャフトで打つ方法で
それよりも❺フレックス柔らかいドライバーを使えば、
まあ だいたい スライス、ダフリ
 ・・・正しくクラブを扱っていれば どフック・・・
年齢や振り方によっては ボールが上がらないケースも出てきます。
長くて、ヘッドも大きいドライバーの方が
 ❺フレックスも柔らかければ 上手く行く方が稀です。


コースへ行けば、
無理して振り回すような振り方が
❺フレックス硬い アイアンによって覚えこまされていますから、
より トップが浅く(右向きが浅く)なり ドライバーが上手く行きません。
ドライバーのスライスが強くなれば
 よりヘッドを返すような振り方をせざるを得ませんから
 上手く行けば良いですが、失敗すると より激しいミスになります。

👉練習場でドライバーを練習する は
 立て続けに ドライバーを打つコト ですから
 コースでドライバーを使う環境とは大きく異なります。

スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

ステップ

ドライバーが上手く行かない(特にスライスする)
に加え、他のクラブと比べると ドライバーは単品買い、衝動買い
し易いクラブですので、ドライバーを買い替え たいのですが、
どのメーカーも ドライバーは飛ばないと売れないので
どれもこれも 
 軽量スチールシャフト装着のアイアンに比べるとかなり柔らかめ です。

20年前に比べると かなりシャフトの硬さの数値は落ちていますから
SRを買っても、振動数は240cpm行かないケースも少なくない。
リシャフトのスポーツタイプのS-フレックスにして
 やっと250cpm超えるか どうか です。

フェースターンが主流の現在のゴルフ界では
フェースターンのミスは 基本、スライスかひっかけ
引っかけはロフト角度はあまり関係ない とも言えますから
スライス抑制のため、ややきついロフトを選ぶコト になる訳です。
スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)

そこそこの年齢で
本来、本当は 200cpmの 10〜11度を使うのが
楽して 遠くに飛ばす 理想的なスペック…だった筈なのに
結果として それよりも ゥ侫譽奪スも硬い、9度を使う
多くの人が行き着く ゴルフクラブのパターン です。


この場合も アイアンの硬さ設定を
そのドライバー 200cpmの硬さのモノを 上手く使える
似たような硬さ、タイミングのモノ であれば
そこで定着し、より楽に振っていくことも覚えますから
また 未来に クラブにより助けて貰いたい(買い替え)場面が来て
クラブを換装するとしても 大丈夫ですが、
自ら、自分の年齢や体力と離れたクラブを手にして
それに慣れてしまう イコール クラブの本来のスペックを使わない
スイングを覚えてしまうと 助けて貰いたい状況になっても
助けて貰う術を身に付けていない
 と言うパターンに陥ってしまいます。