動作を言葉や文章で表す のは非常に難しいですが、
こういうコト です。


テークアウェイを取ると
理想的には 股関節を境に胴体が右を向きます。

こうちゃんの憂鬱_Moment(2)

そうなると
グリップとヘッド、そしてボールとの位置関係は
グリップの方がボールに近く
ヘッドの方がボールから離れた関係になります。

V字を維持してみよう 上編_Moment

これは手ではなく、
からだが向きを変えたから発生しました。


ですので 元に戻すには 単に体の向きを戻せば良いだけ です。

V字を維持してみよう_Moment

ところが、手打ちでボールが打てるようになってしまった、
体の向きがボールを追い越しても
 まだボールを打てていない(からだの回転で直にボールが打てない)人は
見た目のアウトサイドインを嫌うコトもあり、
よりクラブを遅らせ、からだがする筈の
ヘッドとボール、グリップとボールの位置関係を
手で変える習慣が身に付いてしまっているのです。

自分の背後方向〜ボールから離れる方向 に
手でヘッドをひっこめた訳 ではないのに、
出してくる時は 手で出したら
行きと帰りが違うことをしていますので、
出してしまった分、
 何かでボールから離れないと
出してしまった分、
 空間を作らないと
ボールと自分自身の距離関係は変わっていないのですから
ボールを当てることが出来ません。

からだが開いてしまう
は イコール
手でヘッドをボールの方に出してしまう
であり、
手でヘッドをボールの方に出してしまう
から
からだは開く〜ボールから離れる
が連携しているのです。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment






おそらく…ですが、
ゴルフを始めて頃、振り子のアプローチなど
ボールに当てるコトを模索する時
円弧を 手やからだではなく肩で作るコトを覚え…
理屈がわかっていなければ その方がやり易い ですからね

スイングの知識が溜まってくるのも伴い、
それに からだの回転などが加わると
自然にすれば ヘッドは大外 から入ってくる。。。
👉これではアウトサイドイン
👉インサイドから振るため、からだに対し、クラブ、腕、
 腰や脚に対し肩を遅らせ

あとから 腰を止め気味にして、肩を止め気味にして
 手を返して打つ
👉本当は からだの回転がすることを
 腕や肩が取ってしまう/覚えてしまう

このような手順で 体を開いて打つコト
 ローテーションさせて打つコトを覚え、成熟させていった
のだと思われます


今晩、というか明日の0時にアップされる記事は
さらに 核心かも…知れません。