全員…には当てはまらないかも知れませんが、
体を開いて、開いているのにまだ打っていない
体の向きがボールを通り越したのにインパクトの迎えていない
「機会を逸してしまい」、その挙句
 望んでもいないのに 手打ちをしなければならない人
の 多く? 少なくない人にとっては
 これが本命のような気がします。

これも 左腕一本でする素振りのドリルの派生 です。


この写真をご覧ください。
V字を維持してみよう 上編_Moment実はインパクトですが、
写真がないので 仮にアドレス、とします。

細かい理屈はさておき、
この場合、左腕や左半身 はクラブ(ヘッド)よりも
飛球線方向を基準に 前
からだに対しては 当たり前ですが
左腕はクラブよりも左にあります。

順序、として
左半身、真ん中あたりにクラブ(ヘッド)、右半身
と言う順番で
アイアンで言うと、微妙にハンドファーストに構えている人の方が
多いでしょうから、グリップの方が左(前)、ヘッドの方が右(後ろ)
の位置関係です。

次の写真 です。
V字を維持してみよう 上編_Moment(2)ちょっと混乱しそうですが、
トップの位置付近、
からだが向きを変えましたので
その相対関係は変わりませんが、
前後ろ の位置関係が
ボールに近い遠い と言う関係になりました。

左半身〜クラブ〜右半身の相対関係は
変わっていませんが、
その基準値がボールに近い〜遠い となってます。

グリップとヘッドの関係で言うと
 グリップの方がボールに近く、ヘッドの方が遠い 位置関係です。

当たり前のコト をつらつらと書いていますが、
その関係が変わらないのは 向きが変わったからで
向きが変わったコトによって 変わったのは その相対関係ではなく
基準値が 前〜後ろ ではなく 近い〜遠い になったコト位 です。

V字を維持してみよう 上編_Moment

✋✋✋近い〜遠いで言えば
アドレスの位置では
ヘッドの方がボールに近く、
グリップの方がボールから遠い(離れている)

トップの位置では
それが逆転したのは 『からだが向きを変えたから』
👉手さばきで何かしたのではありません。




これは 左腕(補助的に左半身)一本のドリル でも同じです。
このドリルの真意は
 いままで からだの回転に対し、
意図的に、もしくは その後の行為をし易くする為仕方なく
☑左腕を遅らせ、
☑インパクト付近ではからだの回転を止める

という作業を 一括して からだの回転で行う にする為、
トップの位置で、からだの回転を止め
✋先に左腕(特に左上腕)を動かす、
✋左腕をクラブの重さを利用して落とす

感覚を体験し、左腕の遅れを解消、
左腕を遅らせなくとも、
インパクトの付近でからだを止めなくても、
ボールを打つコト です。

ですので トップの位置で
からだの回転を止め、クラブの重さも最大限使い、
左腕を落とす、左腕を動かす、
(補助的に 多少左半身は動きます)
このドリルにおいて、
ココの部分だけを強調すると 
この動作だけでは ボールに『届きません」。
(素振りのドリルなので 実際のボールではなく、
素振りをする為の通過点、目標物と考えて下さい)
左腕を落としても
からだは本格的に回転していないので
グリップの方がボールに近い
ヘッドの方がボールに遠い
と言う位置関係は変わらない‼ のです。

からだの回転があるから
その (ボールに対し) ヘッド遠い、グリップ近い が
解消?・・・逆転するのであって
からだの回転は 左腕を動かし始める分、
左腕が落ちた分、程度では
その関係は逆転しません。



逆に言えば
その 左腕さばき、左腕一本ドリル(素振り)において
左腕のみを先に動かした時、
ボールに対し 近い~遠い
 の関係が
逆転してしまったら
 アドレスのからだの姿勢では ボールには当たらない というコト なのです。
   (手でヘッドを出すな!というコトです)

ボールに近い〜遠い ですから
本来 その事象が起こった要因(からだの回転) 
とは違う要因で 近い遠いを反転させれば
行きとは違う回転をしないと ボールは打てません。

その両方を体験してみて下さい。

🏴左腕を動かした(落とした)時、
ボールに対し、近い〜遠い を 維持した場合、
それでは ボールに届きませんから
体を回転させ、ボールに近づく というか
その 近い〜遠いを逆転させます。

🏴左腕を動かした(落とした)時、手でヘッドを出してしまった場合
その位置関係を変えてしまった場合、
上げた時よりも ヘッドはボールに近づいてしまいましたから
(近づく方向により多く動かしてしまったので)
体を開いて、本体である自分が離れないと
(離れながら打たないと)
その距離は相殺されません。


これが アウトサイドインの実態だと思います。