さて 左腕一本でのダウンスイングドリルの続き です。


トップの位置で
クラブはどういう重さを形成していますか?

ゴルフクラブはどこに落ちたがっていますか

それは当然、
テークバックの取り方やトップの位置 によっても異なってきます。
逆に考えていけば、
それを念頭に置いて、逆回しで
テークアウェイやトップを造っていく と考えるのも一考です。


今回は特に
からだの回転はロックして、
右サイドはそこに置いておいて、
左腕、補助として左サイドだけで
ダウンスイング、インパクト近くまで行く 感じです。


後追いの形で からだの回転が入らない と
 ボールには届きません✋✋✋



理想的には
 そのクラブが落ちていく方向 が
左腕、そして左半身が ボールに近づいていく
立体的に ボールに近づいていく方向であるコト
 です。
IMG_0682_Slomo_Slomo_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(4)IMG_0682_Slomo_Slomo_Moment(3)





IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(2)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)







ヘッドの重さで 👉ヘッドを動かす のでは
グリップが動かせなくなってしまいますから
 インパクトポイントは 右過ぎます。
これでは からだの回転が無くても
 右にズレたグリップ分、シャフトを振らないとボールは打てません。

ヘッドの重さで 👉グリップを、つまりクラブを動かさないと
左半身がボールに近づいていくような
 ダウン〜インパクトは作れません。


からだの回転で、直にボールを打つ を念頭に置くと
グリップエンドは 相当 ボールを追い抜いた箇所(通過点)に
なる感じです。
少々、極端ですが、今までの手打ちを相殺するコトを考えると
アドレスよりも 40cmは近くは左 をイメージした方が良いです。

昨日、クラブの長さ と言う話をしましたが、
クラブは構造上、
単純な位置関係として、グリップよりもヘッドの方が下になると
グリップの移動、進行は妨げられます

つまり、インパクトを迎える前に
グリップの方が下、低い位置の関係の内に
その アドレスよりも40cm以上 左(あくまでもイメージですが)
に辿り着きたい、 そこを通過したいのです。


クラブ(特にヘッド)の重さでグリップを動かします。
この場合は 左腕、特に左上腕 を落とします。
左サイドも動くコトになるでしょう。
あるトコロまで行くと ヘッドも低くなり始めますから
 そこが回転のポイント、回転を解放するポイントです。

✋✋✋ 「周り方」と題して言いますが、
その重さ通りに踏み込んでいく の方が近いかも知れません。


そして ヘッドに追いつかれないよう
持続的に 今度は回転でグリップを移動させます。
回転は 左に踏み込んでいく と言う行為の延長 にあるので
止めさえしなければ、 そのまま左を向きます。

あまり 左を向く と言うのを意識せず、
☑グリップの移動を止めない と
☑左への踏み込み の
延長線上と考えて下さい。



 それに関連する記事が一つ 閑話休題 と言う形で入りますが、 
  (1個置いて)次は なぜからだが開いてしまうか の本命 です。