ゴルフスイングを作る、とか、治したい、と言う場合、
忘れがちになるのは
 自分のからだの重さもあるけれど
自分が動かす ゴルフクラブの静的な、そして動的な重さ
 不可抗力がかなり影響を与える
 というコトです。


スイング、ショットをし終わった後
それを写真や動画で見た場合、
その動作の半分…、半分以上・・・かも知れませんが、
その重さ、不可抗力を処理する為、消化するためのモノ
 であると考えた方が良いでしょう。

自分がしたい動作、動きたい動作 通りに
動作の結果はなりません。



スイング ココを治そう❶_Moment例えば、ですが
この画像のように
 手だけ、左腕、左肩だけでテークバックを取ったとします。

腕も含め クラブの重さは 自分の背後に
動き分、長さが増えた分 かかりますから
バランスを取るのに、体を前に倒します。
ボールに近づくような形になる訳です。

本人は 手で上げている自覚はあったとしても
前にからだを倒している、ボール側に近づいている、倒れている
つもりも自覚もありません。

クラブや腕の重さは
長さが増えたり、移動したりして
簡単に数キロ、10キロを超えるような重さになりますから
それを考慮に入れ、不必要に増やさない や
逆に その不可抗力によって
『正しく、望ましく動かされてしまう』
 と言う風に
考えて言った方が良いでしょう。
 もう、私たちにはそれをチカラ、運動性能で封じる
というのは危ない・・・故障の原因になりかねません。

その話を念頭に置いて
 本題に入りましょう。

葛谷 2017-2020_Moment(3)


私、個人として 手で振るスイングはあまり美しくない というか
動作としてだけでなく、
ゴルフクラブの基礎機能を無視しているのがとても嫌です。
そして、多くの人は やりたくないけど
結果として 手で振ってしまう コトが少なくないと思っています。

望んで ローテーションしている人は論外ですが、
望んでいないのに 手で振ってしまう場合の多くは
  単に『機会の損失』だと感じます。

この場合の機会の損失とは
折角、テークアウェイで右を向いたのに
右向きを戻す、ボールの方へ向いていく
その過程を逃している
 と言う意味です。
 
テークアウェイの時点で右を向かない
 からだ〜胴体を右に向けない・・・向かない のは
 ハナから手で振ろうという意味になりますね


今回のテーマは
 ✋ダウンスイングの周り方  です。

結構、この部分、悩んでいる人、多いと思います。
😿からだが早く開いてしまう・・・
😿右サイドが突っ込む・・・
😿体重が左に乗らない・・・ 
などなど
実は全部、同じことを指しているのですが、
それを具体的に、技術的に、
また クラブと言う観点から説明いたします。

    それでは また 明日・・・。