スイング軌道を気にする人は多いですね。


「アウトサイドインだから スライス気味になる…」 とか
「もっとインから入れたい…」とか

まあ 確かにスイングを振り返ってみる時の材料にはなり得ます。

それであれば 平面上の インとかアウト だけでなく
どんな入射角度か、と言うのも意識して貰いたいです・・・が
イン、アウト は一般的に 飛球線と言う基準値があり
入射角度などの 上下〜高さは基準値がないので
話題にし難い と言うところもあるのでしょう。


スイング軌道の話しで
 幾つか気になる点があります。
スイング軌道は ヘッドの軌道が基準値ですが
何度も書いていますが、
その軌道は やや縦に潰れた、横に広がり気味の円状の曲線になります。
その円状の軌道になるのは
 クラブを持った打ち手が向きを変えるから、と
 スイング動作の基礎に前傾姿勢があるから、
です。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment






そこの部分を無視して、手さばきでスイング軌道を作ろうとすると
その軌道は イン、アウト、などの 左右だけでなく
入射角度の上下〜高さ や
自分からどの位離れているか(遠近)〜スイング軌道の大きさ
そして その大きさや左右、上下の変移 は無限の種類になって
それこそ 基準値が全く存在しない状態 になってしまいます。

人間ですから 多少の誤差や変化はあったとしても
自分にとって どれが正解なのか が造り切れなくなってしまいます。

もう一度、書きますが、基礎として
スイング軌道の円状の曲線は
 自分がからだの向きを変えるから、と
 その基本動作には前傾姿勢がある 
というコトを
覚えておく必要があるでしょう。



問題はそこではないんですが・・・

スイング軌道は より良いショット、より安定したスイング を作るための
反省材料でしかなく、ショットの結果論に過ぎません。
そのスイング軌道が どんな であっても
自分にとって、繰り返すことが容易で、楽に遠くに飛ばせるなら
自分オリジナルのモノ
スイング軌道を形成する基礎を守るのであれば
誰か別の人と比較する必要はなく、
自分独特のモノであってかまわないと思います。

✋スイング軌道を考える時、
忘れられてしまっているというか、無視されている大事なコトに
『打つボールは スイング軌道上 にある』 というコトです。

スイング軌道はボールを打つため、
そのスイングを向上するための一つの材料に過ぎませんから
軌道を作るコト は 良いショットを打つための手段であって
目的ではありません。
どの場面、どの状態、どのライ、どのクラブであっても
打つボールは 必ずスイング軌道上にあり、
 ルール上でも、実質上でも ボールはフェースで打たなくてはなりません。

IMG_0491

スイング軌道、スイングプレーンを作るコト ばかりが
頭にあると スイング軌道上にあるボールをフェースで打つ
というコトを忘れてしまい、スイング軌道をなぞるコトばかりを追いかけ
挙句 シャンク、ソールでボールを打つ というコトに為りかねません。

✋ヘッドのことばかりを考えるのは良くありませんが、
スイング軌道はクラブヘッドのソールでなでる、なぞるモノであって
☑フェースでなぞるものではありません。
 
それでは 軌道上のボール、打てませんから・・・。