まずは動画をご覧ください。



上段が からだの回転で
下段が ハンドターン です。
達人のココから盗め_Moment

なにを気にして 行ったか というと
●達人リートレビノの 『ココ‼』 をインパクトにするか
👉ぼでいたーん
●『ココ‼』以降 『ココ‼』 の後にインパクトを作るか
👉はんどたーん
の違いです。

当たり前…ですが、ぼでいたーん では
手さばきも必要ですが、からだの回転もしないと
ボールには届きません。
一方、はんどたーんは クラブを下に振る という
手さばきだけでボールに届かせる そんな感じです。

画像にしてみると
それぞれ からだは動いているのですが、
その動き方に大きな「違い」が生まれます。
双方ともに からだの回転 とすると
そのからだの回転の仕方はずいぶん違うモノです。

ハンドターンVSぼでいたーん1_Moment

ぼでいたーん で行おうとするモノは
当然・・・ですが、手さばきだけではボールに届きませんから
体も、回転の仕方もボールに近づいていこう としていますから
ゴルフ用語で言うところの 「平行にまわる」感じです。
腕さばき では ココを終点(インパクト)にしよう と考えています。

乱にんぐアプローチどりる_Moment

はんどたーん で行うとするモノは
手で届かせようと クラブと腕ともに 目いっぱい伸ばす感じ
になりますから その反動か、その空間を作るためか
左肩、左サイドが いきなり上がり始めます。
腰回り〜骨盤周りの回転と 肩周りの回転が別なモノ
になってしまう感じで
 回転している……とは呼びにくい動作 になります。
からだの開き具合も大きく
このままでは 届きませんから
 動きが止まるところも見られます。

からだの回転で、の場合は 当然、回転を意識していますが
はんどたーんの場合、回転はまったく意識から除外されています。
手を伸ばすための補助行為 に近いですね。

こうちゃんの憂鬱_Moment(4)


✋最終的に 右腕は伸びた方がよい でしょうけれど

◯右腕の伸びと関係なくボールに届かせるか
◯右腕を伸ばすことでボールに届かせるか

の違いのようにも感じます。

別な言い方であれば
◯グリップを動かすコトでボールを打つか
◯ヘッドでボールを探るか

の違い と言えるかも知れません。

この違いは
テークアウェイの取り方にも大きく影響すると思います。