ドリルとしても
グリーン周りのランニングアプローチ
ウエッヂを使っての ピッチエンドラン

ゴルフショット、ゴルフスイングの基本になるドリル・ショット
ここから始めてみましょう。

乱にんぐアプローチどりる_Moment乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)







例えば お家で ゴルフボールではなく、新聞紙を丸めたモノや
ピンポン玉、プラスチック、スポンジのボールを当てる
(打っても危険でないモノね) と仮定し
まずは ヘッドのその重さを無視する、
自分のからだの周りで グリップを動かすコト
で アプローチ〜ドリルをしてみましょう。
 主な動きは フットワーク です。

ヘッドを引きずってくる感じ ですね。

からだの向きで グリップを動かし
 ヘッドをコントロールすると
狭いエリア、フォローが大きく取れない空間であっても
 からだの向きでコントロール出来るので
強さは兎も角 打つコトが可能です。
達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)






✋スイングを終わるまで 体を回します。
打つ距離、その度合いにもよりますが、
小さなショットとは言え、ちゃんと左を向きます。
ヘッドがグリップを追い越すことは無く、
距離に関係なく、トップオブスイングでの
 ヘッドとグリップの相対関係は最後までずっと同じです。




今度は ハミングバードでは出来れば「避けましょう」
ヘッドを振るショットです。
俗に言う「振り子のアプローチ」

 インパクト、もしくはインパクト直前直後で
ヘッドがグリップを追い越し、ヘッドの方が先に出ます。
✊ミスになった場合、
 大抵、「しゃくってるよ」と言われるアプローチ、ドリル です。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




まず これは 狭い、限定的な空間、
特にフォローの出しにくい空間
 ボールを打つと 必ずどこかにクラブが当たってしまいます。
自分の動作 イコール ヘッドの動作 ではなく
 小さいショットであっても、ヘッドを放り投げる
ヘッドの進行を解放するように打つので 当たってしまうのです。

二つを行うと
後者の「振り子のアプローチ」が
回転と言っても、からだ・・・ではなく
肩の回転と言うのに気付くかも知れません。
(回転。。。というが 上下の揺さぶりに近い…でしょうか)



前者の からだの回転でグリップを動かし、ヘッドを引きずる
後者の 肩の揺さぶりで ヘッドを出す

前者のショットに比べ、後者のショットは
ロフトが大きくなり、入射が緩くなります。
弾道としては 前者に比べ
「打ち出し角度が高くなり」
「スピンの量が減ります」

フワッと上がりますが、落ちても惰性で転がる量は多め です。

同じヘッドスピード、距離感で打った場合、
後者の方が キャリーボール、総飛距離共に短めで
後者のアプローチで打つ場合は 数割増しの距離感が必要です。
ココを治したい❷_Moment(4)

👉振り子のショット と言うわけではありませんが、
アプローチにおいて 後者のショットが「無い」か
と言えば、場面によっては 行う場合もあるにはありますが、
ショット全般に対する「芳しくない」影響があるのも確か、です。


また 後者のショットを
より開いたロフト、緩い入射角度 で入れると
ボールが低く飛び出て、スピンがかかり易い球になりますが、
アマチュアレベルの練習量、頻度では あまりに危険です。