全国的に 是正したいのですが、
スイングにおいて 正しい意味での
 『脇を締めろ』 とは
テークアウェイの際、右わき、右の腋の下を締めるように
右ひじを下に向けて 左手だけで上げるコト ではなく、
ダウンスイング時、
左サイドに左腕が遅れない

👉👉👉左わきを開けないコト 
を指します。



左わきを開けてしまうと
先行した 足腰 に対し、
 どこかで それを止め
その分、腕で振るコトになる
先日、記事にした スイングの二度手間 になる訳です。


脇が空いたスイングでは
手で打たざる、手打ちにせざるを得ません。
他にボールを打つ手段が残ってませんからね。
ミスターKの法則1_Moment(2)

スイングでは 兎角
弱い左腕は体に対し遅れがち になります。
利き腕である方の
 右腕はそれの補助と言っても過言ではありません。

✊少なくとも その遅れ易い左腕を
テークアウェイの時点で 体から大きくずらすような
「上げ方」は避けた方が良いでしょう。
間違った意味の 「脇を締める」の方ですね😢
スイング ココを治そう❶_Moment



素振りの時点で
ダウンスイングの からだの回転とともに遅れず 左腕が移動する。
無理に インパクトは体の正面! と
思う必要はありませんが、
からだの回転でクラブを持っている左腕が移動すれば
グリップも移動しますから
概ね からだとボールが正対した時、
 ボールを打つコト、ボールを打つタイミングになる…のですが、
その時、フェースを横向きにしているか
それとも 下に向けているか は分かれるところです。
フェースを横に向けていれば
 そこから 更にクラブを手で振ってボールを打たねばなりませんが
下に向けていれば、体の向き、
からだの回転が ヘッドの横進行を司る形になります。
ボールをとらえる感覚にも違いがあるのかも知れません。

インパクト直前にそうするには
体を止め 腕の作業が必要になりますから 結局同じ。。。



確かに 傍目から見れば、
また 総合的に考えれば
 ヘッドの横移動が ボールを打つコト になるのですが、
それは 本来、体の向きが変わるコト、
右向き〜正面/ボールへの向き〜左向き が行うコト。
自分は 地面や低い所に有るボールをさらうに
フェースは意識として かなり下を向けて置いて
 それを固定しておく 必要があるのです。
👉ドリルとして 短い距離 であれば
 下に向きに固定したフェース
それを体の回転で引きずって行けば ボールは打てます。