ゴルフクラブは 長い棒の先の鉄の塊、
重さの塊 👉ヘッドが付いた構造です。

市販の軽いヘッド
シャフトが硬いので ものすごく感じにくいヘッド
であっても 全体/総重量の6割以上モノ 重さが
その長い棒の先端に付いているのです。

これに使う人の多少の腕の長さ分、
そして 運動による 掛け算での重さも加わります。



それを踏まえた上で質問です。

😨ゴルフクラブを持って 右90度を向きます。
 テークバックですね
正面を介して、左90度を向きます。
⇒都合、180度向きを変えたとします。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



先に重さの付いていない ただの棒であれば
自分の180度向きを変えると 棒もほぼ180度向きを変えるでしょう。


【質問1】では 先端に重さが付いたら どうなるでしょう。

自分が180度向きを変えたら
❶重さが付いていても クラブも180度向きを変える
❷重さが付いているから クラブは180度以上向きは変える
❸重さが付いている分 クラブは180度未満向きを変える


ゴルフスイングにおける「自分の当たり前」で考えず
物理的な法則として考えてみて下さい。



【質問2】では ステップアップして
先端に 200g / 2kg / 20kg の3種類の重さを増やした場合
自分が向きを変えると
❶重さに関係なく からだの向き分と同じ(同じ)
❷重さが増える分 180度以上に増えていく(増える)
❸重さが増えた分 180度未満は強まっていく(減る)



✋✋✋皆さんが考える ゴルフスイングの当たり前 を無視すれば
当然 重さが増す分、自分の動きよりも 先端の移動量
この場合は 角度運動は「減ります」
これは 全世界、地球上で共通の物理法則です。


スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)





では 更にステップアップして
繰り返しますが、ゴルフクラブの構造は
先端に重さの付いた長い棒 です。
これに 運動が加わりますから
持ち手に加わる その重さは 数キロ
場合によって 10キロを超える可能性 もあります。

物理的法則で 打ち手が右から左へと 半円180度向きを変えた時、
運動も加わった その重さ分、クラブ/シャフトの回転(ターン)は
180度未満、速度や場合によって前後しますが 90~120度位になります。


✌一応、補足しておきますが、インパクト以降
運動は減速しますので、その結果、重さ(ヘッド)にかかる慣性から
からだの回転やグリップに追いつき、時として追い越す可能性も
無いとは言えませんが、それは 打った以降のコト で
そこは スイングの意識としては おまけ の部分です。


スイングする、クラブを動かす、扱うイメージとして
重さ分、クラブの方が、特にヘッド部やシャフトはターンしない
重さ分、ターンが少ない と考えれば
自分のからだの回転は 正しく180度ターン出来るでしょう。

達人のココから盗め_Moment(5)

しかし、始めから 重さが付いていようがいまいが、
運動によって 重さが増えようが増えまいが、
●自分がターンした分 と同じ分だけ クラブもターンする
●もしくは ヘッドがグリップを追い越す 👉 クラブの方が多くターンする

と思っていると
上記の からだの回転、体のターンとは同じには出来ません。



自分が180度ターンするコト と
クラブが180度ターンするコト は
似て非なる、まったく違う回転になる と理解していないと
からだの回転を用いて、ダイレクトにボールを打つスイングは作れないのです。

ややこしく感じるかも知れませんが、
とても重要なコトなのです。
私、個人が見てきた ほぼすべての人は
悩みの有るゴルファーのすべてが そこを大いなる勘違いしています。

✌繰り返しますが、
打った後、からだの回転は減速に入ります。
その際、ヘッドやクラブに残った慣性が
からだの回転やグリップに追いつき、追い越す可能性はあります。
しかし、それは打った後のコトで
そのおまけである 追いつき、追い越す行為が打つコトそのもの
打撃だと信じている限り、振り遅れの、手打ちをするしかないのです。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




ここの部分が理解出来ていないと
からだの回転でボールを打つコトは不可能です。
目指しているモノが違います。


からだの回転でボールを打つ というコトは
そのクラブの構造、運動によって増す重さ分、
からだの回転に対し 遅れるヘッド(遅れないグリップ)を使って
ロフトを立て、ボールを上から抑えるコト で、
その遅れを取り戻したり、弾いたり(シャフトを返して)して打つコト はスナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
どこかでからだの回転を止め、手で振るしか成せない打撃です。 

ゴルフスイングを壊すイメージです ⇒