上から見たこのアングル
V字を維持してみよう 上編_Moment

トップの位置で形成される
 👉右前腕とクラブ(シャフト)の角度
厳密には 校ではないですが、
 このV字を維持したまま、打ってみましょう。

ウエッヂショットで 30〜40ヤードの距離位でしょうか

V字を維持してみよう_Moment


ショットのドリルにもなりますし
アプローチの改善にもなります。


V字を維持することによって
クラブと腕の長さが短いままです
(からだとヘッドまでの距離)

ボールでヘッドを探らず
からだの回転、左サイドの移動を持続しないと
ボールには届きません。
からだの回転で打つための周り方のドリルになります。


校を維持し、その頂点であるグリップを
いつも 回転の先頭 に置いておく感じです。
フェース面の作り方 というか
ボールへのアプローチ(進入)の仕方 を
 考えないと シャンクの佃煮になっちゃいます。
 ロフト(フェース)の開き癖も治せるかも・・・。

✋特に インパクト直前のリリースでボールを打つ人は
 ●からだの回転の仕方(左サイドを止めない)
 ●ロフトを開いて入れない

を同時に達成するための良いドリルになると思います。



アプローチにおいて
インパクト前後での 急なロフトの変化がなく
一定のロフト
一定の入射

になり易いです。
距離感は 自分の回る速度次第。
とても良い練習になると思いますよ