この練習でも 一応
クラブの重さで 腕を先に動かしている(つもり)なんだ と思いますが、
結果、からだと左腕の関係はこうなるのです。

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)











漠然とした全体像は似ていますが、
体の向き、体に対する左腕の位置関係は全く異なります。

先に 腕を落としているつもり で コレ!なのです。
 (ベルトがひも…なのは無視してください)


体は左向きを開始し始めていますから、
左サイドを止めないと 届かなくなりますね。
手で振るスイングとしては いろいろ構築・連携されているのです。

ミスターKの法則1_Moment(2)


からだの回転 右向き〜正面向き の時間は
終わってしまっていますから
本来、その動きで 移動する筈のクラブの動きは
手で補わなければいけません。
 👉 これが無駄なリリースになるのです


ダウンスイング、切り返し において
先に腕を、グリップを
クラブや腕の重さで 「落としてみよう」 というのは
最終的に 腕を先に動かす と言う意味ではなく
今、無意識に体に対し遅らせている 左腕、左グリップの進行を
同期させるためのきっかけです。
ミスターKの法則1_Moment

からだの回転に同期すれば
仕事の半分(実際にはほとんど)は からだの動作に任せられます。

如何に腕のさばきで打っていたか 実感できればシメタもの!


遅らせている だけでなく
周り方 が ボールから逃げる周り方 をするのも
一つの要因です。



ですので V字を維持してみよう のドリルと併用して
その廻り方も改善しましょう。