❶まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を『落とす』 から始まる訳です。

謎のストーカースイング_Moment謎のストーカースイング_Moment(2)






クラブや腕の重さで 左上腕/茱哀螢奪廚落ちる
ボールを打つための 望ましい方向に重さが掛かる
トップの位置
テークバックの取り方 は
必要になりますから
どう重さが、どの方向に重さが掛かると良いのか
自分なりの工夫は必要でしょう。



球数 をそこそこ打っても
なかなか タイミングが「先に腕が落ちる」に馴染めません。
それは何故か・・・  次のステップです。


❷左上腕が先に落ちる(イメージ)
どの方向に行くのか、どの方向に進むのか、
行く方向と経路が
今までとは異なるのです


フェースターン〜手でクラブを振る人は
ヘッドをターンさせるため、その時間を稼ぐため
長い経路、膨らんだ経路をとります。

ヘッドターンするには 右手が左手に追いつく必要があります。
故に 左グリップの経路を膨らませ、長く取り
その時間を与える訳です。 

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)










インパクトするための 通過点(目標点)は
もっともっと 直線的なモノです。
後から付いてくる からだの回転に横軸、
グリップを落とすコトによる縦軸、
それが同時進行していくのです。
腕を円に描く というのは
 からだの仕事を奪ってしまっている とも言えます。


スイングをこのように アドレスの正面から撮影すると
兎角 スイング軌道を考えて 丸く動かしガチ ですが
スイング軌道は 土星の環 のようなモノ です。
ある方向から見れば円ですが、ある方向から見れば線 です。

スイング軌道は 向きの変更によって 円を描きますので
上(本当は斜め上)から見た時 円になりますが、
正面からの画像では 限りなく直線に近い
円と言っても直線に近いような ふくらみのあるライン程度 です。

からだと左腕の関係を見る👀 と分かるのですが、
左の写真では まだ正面を向いていくからだの回転が使えます から
腕自体 円を描く必要がありません。
右の写真では からだの回転 右向きから正面向き の
使える時間は終わってしまっていますから 腕で円を描く必要が生まれます。



だから ❶の
先に クラブや腕の重さで 左上腕を落とす
つまり からだの回転に同期させる『慣れ』
 が必要なのです。

動かし始めるタイミングは早いけれど
左腕を単独で動かす量は少ない、無いと言ってよいほど少ないのです。
まあ 殆どの場合、それは右手で行われていますけれど…。