さて シャットフェースの話(実はスクエア) から一歩進みましょう。
http://hbs.livedoor.blog/archives/1995782.html


昨日の話の流れで、なんなんですが
クラブを手で振っている人にとって『は』
少々オーバーな 意図的 シャットフェースの意識が無いと
正しい『スクエアフェース』には行き着きません。


✊体を先に回し グリップを遅らせるシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(3)

というのは フェースターンするための序章
  【オープンフェースだから】  です。


ボールはスイング軌道の上にあります。
☑その スイング軌道をフェースで撫でる
スイング軌道に沿って フェースを動かす

軌道上にあるボールを打つには
スイング軌道に対し 直角な『スクエアフェース』が必要です。

故に フェースターンする のです。


❶だから まず ファーストステップ として
 右を向いた状態をロック!
 先に
 クラブや腕の重さで 左上腕を
『落とす』 
から始まる訳です。

グリップを遅らせる は
からだの回転に対し、
😿左腕を置き去りにするコト から始まります。

ここで 意識的なシャットフェースを組み合わさらない と
ボールに辿り着きません。

オープンフェース
ダウンスイングのヘッドの軌道を
フェースで舐めるように『降ろして』しまうと
このままでは ソールでボールを打つコトになります。

😿フェースでソールを打つ
 の真意はとても重要なんです。


✋多くのゴルファーは
 フェースターンは ヘッドを左右に回転させる と信じています。
 右を向いたフェースを左に向ける と信じています。

ところが 
●遅らせたグリップ〜先行させたからだの回転
●ダウンスイングのヘッド軌道をフェースで舐めてくる
そのまま行くと ソールで打つコトになる の意味は
✖フェースの向き ではなく ロフトだというコト
(ロフトを90度以上に寝かしている と言う意味だ!というコト)
 その認識がとても重要です。

ですから 先に左上腕を クラブと腕の重さで『落とす』
から始めてみましょう。
プラス 正規のロフト 『シャットフェース』の意識も伴って‼


左腕がクラブの重さで先に落とす
は最終的にはからだの回転と同期させる ためのモノです。
今までは からだに対し 左腕を遅らせていた のを
当たり前としてしたのを是正させる、修正するためのモノ。
同期するようになると
からだの姿勢/向き なりなシャットフェースも
自然に出来るようになって来ます。 

S20180921_Moment(2)


今までとは 順番が魔反対 になります。
当然、タイミング、今までのタイミングは無効 です。
新しい タイミングやリズムに慣れる必要が生まれます。
 😡ここがひとつ あきらめてしまう関所 になりますね

弊社には ミスターKの法則 というのがあります。
揶揄している訳ではなく
 ミスターKは弊社創業からのお付き合いで
 その愛嬌のあるキャラクターは弊社のアイドルでもあります。
 スイング改造にとても興味がある風なのですが、
 
 (まぁ 私をかまってくれているんだと思いますけど)
 自分のスイングは変えたい VS タイミングは頑なに維持する、
 という家訓を守っているので スイングが変わることはありません。
ご注意を(^_-)-☆