無理をしない範囲で
もっと飛ばしたい!
もっと安定させたい!
誰もが願うコトです。

今回は◯◯さんが ライバルに勝つ(だれ?)ため
秘密・・・もう秘密ではなくなってしまいましたが、
特訓をしました。

秘密の特訓なので
その内容については
動画からご推察下さい。




一般的な日本人ゴルファーは
ある意味 勉強熱心というか
形にこだわるところが多いため・・・なのか
兎も角 スライスを毛嫌いする傾向が強く、
カット打ちやからだを開いて打つ、
そして その原因に成り得る アウトサイドイン を気にします。

手を返して打つ ローテーションをするコト
スライスさせないコト、アウトサイドインでないコト、
それらは スイングにとって二次的、三次的な要素です。
そもそも スイングそのものが ゴルフをする為の手段 でしか過ぎません。

スコアと言う縛りがある上で
出来るだけ楽して遠くに、そして、それを繰り返し易い のであれば
それが右に曲がるスライスであろうが、フックであろうが
どっちでもいい筈・・・
そこそこ飛んで、それが繰り返し打てる
コースで楽しむために 計算できるショットになれば
それでいい筈なのですが
お作法、お点前を気にする日本人はそれではダメみたいです。

達人のココから盗め_Moment(2)


どの道 からだを回す、向きを変えるのですから
それで ゴルフクラブのターン は十分な筈なのに
手でターンさせるコトを良し とするのはなんでなんでしょうね。

からだもターンするのに
そのターンするからだから生えている腕を 更にターンさせるには
からだと腕(含むクラブ)を別々な時期に動かさなくてはなりません。
その為に 先にからだを回し、腕とクラブは置き去りにし、
 どこかのタイミングでからだを止め、腕を返す……
なんだか 本末転倒、
 手段と目的がひっくり返っている ような気がします。

手を返すために からだの回転と一緒に動かさず
置き去りにすれば 腕とクラブの重さは 回転の負荷にしかなりません。
回転しようとすればするほど、重くなってしまいます。
意図しないリキミの原因にも成り得ます。

特に 左回転 右から左への回転では
クラブは開いて、ロフトは寝てしまうので その形態、クラブ姿勢は
クラブと腕を一番重くしてしますのですが、
手を返すコトが目的なので OK みたいです。
✋裏を返せば 腕とクラブを遅らせなければ(置き去りにしなければ)
 開かないので閉じなくて良い  というコト・・・だと思うんですけどね。

からだの回転で打てば
からだの向きを変えれば 地面に、低いトコロにあるボールは
その回転の傾きによって 拾うことが出来ます。
それを腕で行うと(下に振る事になるのですが)
ヘッドの経路も大回りになりますし、
ロフトを増やし、入射を緩くするので
その行為によって 
 ヘッドスピードが数値として 5ms 速くなったとしても
その労力に対し 対費用効果は高くなく、低いほどです。

そこを一気に解決すれば
からだを回す行為 ソノモノでボールが打てる、
腕でクラブを回す必要が無くなります。
今までのスイングにとって 最大の悩みの部分(フェースの返し)
多くの人にとっての スイングの悩みそのものに近いモノ、それらが
元から消え去る訳です。

腕とクラブを置き去りにしないので
その負荷分、ヘッドスピード・・・回転速度も上がります。

ロフトも寝かしにくい(ロフトの開き=置き去り)ですし、
動作は圧倒的にシンプル (当然、それでもミスは発生しますが…)
悪いことは殆ど何もないのですが、
誰もやろうとしない ように思えます。


今回の特訓は その秘策 の部分をお伝えしました。
おそらく とても驚いた と思います。
「これで当たるんだろか…」 と
半信半疑でスタートされていましたが、
いろいろな疑問が氷解されたようで これからが楽しみ!です、ね。