『ドライバーは飛ばしたい』

世界共通の願望です。

ゴルフはトータルで楽しむ、競うゲームなので
全番手が共通に飛距離が伸びるのであればOKですが、
ドライバー、空中にあるボールを飛ばすためだけに
☑地面からのボールが上手く打てなくなったり
☑アプローチが苦手、
☑バンカーが苦手になる のは考えモノです。


葛谷 2017-2020_Moment(2)

飛距離を伸ばす という点において
単純に
❶キャリーを減らす(フライハイ)
 弾道を低くする
 スピンを減らす
 打ち出し角度を減らす
❷キャリーを増やす(フライロー)
 弾道を高くする
 スピンを増やす
 打ち出し角度を上げる

があると思いますが

✋ロフトが立てられない(入射角度に対し適切でない)
✋入射角度が適切でない(ロフトに対し)
✋打撃のモーメントが低い
✋ヘッドスピードが低い

などが考えらます。

副作用の少ない形では
ロフトをより良い角度にする
✊ゴルフクラブ・製品を変える という意味ではなく
寝かしているロフトをより立てて、
自分の入射やヘッドスピードに対し適切なロフトにする
というのが一番でしょう。




✊✊✊では、問題のヘッドスピードはどうでしょう?


クラブ選びの際、お店での計測の際ありがちなパターン ですが
背伸びして、無理して 数値を上げて
現場で後半にバテてしまえば 距離だけでなく ミスも出ます。
自分の体力なりに 動作としてのスピードは
ある程度限られています。

ですが、ヘッドの、クラブの重さを
ヘッドスピードの助力に使えるとしたら どうでしょう。

一般的には ドライバー、その長さが
ヘッドスピードを作ると思いがちですが、
自分で その長さを振り回せば
その長さは、その重さは、その遠心力は
逆に ヘッドスピードの速度の阻害要因にしかなりません。

✋ヘッドはグリップに比べ
 長さも、重さもあるので 遅れます。

✋遅れを取り戻そうとすると
 土台であるグリップやからだを止めねばなりません。

✋それでは スピードそのものも上がるか 微妙ですし
 止まるのは大きなからだ
 動くのはクラブと小さな腕 ですので
 その間に来る部分、肘や肩、首や腰など
 からだを痛める原因になるでしょう。


ヘッドの重さ分、運動で重さが増える分も含め
その重さなりに ヘッドは遅れます。

重さは下に、重力にかかるチカラ ですし
遠心力は外に膨らもうとするチカラ です。

グリップとヘッドの位置関係を考えれば
双方ともに グリップを動かせるチカラ
グリップを押す、移動を手伝うチカラ として十分に使えます!
それが ゴルフクラブ本来の役割でもあります!


ヘッドスピードはまだまだ上げられる_Moment


数値で例えるならば
体力的に ヘッドスピード 38ms 出せるとします。
しかし、ヘッドを振りまわしてしまうので
 その重さによって 2ms分の損して 36msとなるか、
ヘッドの作り出す重さによって 
 グリップの移動が促進、助力され 2ms分増え 40msとなるか、
クラブの扱い方次第なのです。


歯を食いしばって クラブの重さと闘って
2ms減速してしまい 36msだったヘッドスピードが
同じチカラ感、いや そのチカラ感よりずいぶん低く 40ms が
出せてしまう クラブの使い方、重さの使い方 があるのです。

体力勝負ではなく、知恵によってスピードは上げられるのです。
鍵になるのは グリップを速く動かしてヘッドを移動させる、
ヘッドはシャフトでつながっていますから 放っておいて
兎も角 グリップの移動の速度向上 を

(対になるは ヘッドスピードなので 何でもかんでもヘッド)
考えられるかどうか・・・です。