ゴルフスイングを難しくする、
ショットの安定感を欠く、
飛距離を損じる、
コトを生む からだの捻じれ が
その人によっては スイングそのもの な場合が多いです。

如何に からだ・胴体・上半身をねじらせると
その後のスイングに多大な二度手間が発生するか 書きましたが、
テークバックの時点でそれを改善する気のない人が少なくありません。

葛谷 2017-2020_Moment(2)

どちらか…と言うと、そのねじれ
テークバックにおいても そのどこかが止まる その反動で振る とか
クラブやシャフトは 90度や180度ターンするモノ
という前提で スイングするための準備動作 なのでしょう。


ハミングバードでは ヘッドを動かすな と言いますが、
それは 『ヘッドを!まったくそこから動かさない 微動だにしない』
     という意味ではなく
✋グリップの移動分から
  ヘッドの本来の重さ & 長さにより増す分 & 移動により増す分 
   差し引いて動かさないは動かさない
✋体の向きの変更で を除き シャフトの角角度運動をさせない

具体的にはクラブの長さ、ヘッドの重さ、使う速度によって異なりますが
 ✊重さ分、グリップよりは移動しない
というコトを指します。

その前提の元、出来るだけ二度手間をしないように
腰・骨盤の向きを変えたら 肩を遅れさせず
上半身、胴体を一つのユニットとして動かす意識
 を持つ、
今まで 恒常的にそれを遅れさせ 胴体を捩じっていた人 にとっては
腕やグリップ、クラブなどを先に動かす
ような感覚が必要になるでしょう。


✋また ねじれ を意識する人
振り遅れを取り戻す を意識する人の多くが
スイング、ショット、打撃は遠心力を使う と信じている傾向が強いですが、
遠心力は その重さや速度に応じて
 外に外に、軸点よりも外に飛び出そう とする力 です。

にもかかわらず インパクト直前に
フェースを自分の方に向けて ロフトを増やすように
ボールをこそぐように しゃくるように 打ってしまったのでは
ボールは円弧の中に飛び出してしまい
遠心力が距離に対しては無意味なモノになってしまいます。
感覚的、イメージの問題ですが
ロフトの関係なく フェースは常時
 スイングの弧の外側に向いているモノ
 です。
円弧の中に向けてしまったのでは その遠心力は
距離ではなく、高さや回転にしかなりません。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)

ここのところとても不思議です。
遠心力を口にする人は 例外なく
ボールを円弧 の中に打とうとするんですよね…。😵


スイング中、特にダウンスイングでの
『力み』 に関しても その体の捻じれ が密接に関係します。
運動や移動には当然ですが その指向性・方向性が伴います。
『力み』 必然ではない力加減とは
自分の動きたい、動かしたい方向に対し
想定以上の重さが掛かった時に 自然な反応として生まれる訳です。
よって それを解決するのは
✋力まないコト ではなく
力まなくて済む、重さの作り方、クラブであったり
重さ 👉負荷となり得るからだの捻じれを軽減・消去するコト です。

スイングにとって 力みの元となる
その 指向性、方向性の悪い、異なる重さ
その最大なモノは 実は自分のからだ なのです。
当たり前と言えば 当たり前…ですが・・・
❶腰にとって肩、
❷肩にとって腕、
❸腕にとってグリップ、

を遅らせれば 当然負荷になり、姿勢にも影響しますし、
当然 次の動作にも影響します。

また 困ったコトに 先に行けば行くほど
負荷になる重さは数値としては減っても
それを動かす部位、筋肉が小さくなっていくので
リキミは解消し辛く、遅れソノモノも解消し辛くなります。

重心のかかり方 (2)


タイミングなども含め、ダウンスイングで ハイ すぐに解消
はやさしくないかも知れませんが、少なくとも
準備としてテークバックで 捻じれを最大限に減らす
そして 無くす という努力は必要かと思います。