ジュニアゴルファーの話・・・ なんですが
その前に、実はここに面白いデータがあります。

これは健康診断などを通して、厚生労働省の発表している
握力のデータです。

男性の場合、55歳を過ぎると急激に握力が落ちてきます。
それに比べると 女性の握力に大きな変化はありません。
だいたい これって 飛距離のデータと比例・・・していませんか
思い当たるフシがあるのではありませんか?

そう言う意味でも 握力に頼らない、
つまり 手で振らないスイングが必要になるのかも 知れませんね。


down_swing


【世界の成人握力調査】
年齢:男性/女性
20:48.9kg / 29.1kg
25:49.2kg / 29.5
30:50.3kg / 30.2
35:50.0kg / 30.6
40:49.2kg / 30.5
45:48.1kg / 29.7
50:46.7kg / 28.2
55:44.7kg / 27.1
60:41.0kg / 25.7

65:37.4kg / 24.0

10:16.9kg / 16.7kg
11:19.8kg / 19.4
12:24.5kg / 21.9
13:30.1kg / 24.3

14:35.3kg / 25.5
15:39.0kg / 25.8
16:41.0kg / 26.9
17:43.0kg / 27.4
18:42.1kg / 26.4
19:42.3kg / 26.5



平均値ではありますが、中学校に入る頃になると
男子の握力も成人女性と同程度…になってきています。
女子の方は 大人になってもあまり高い数値にならず
早い段階で大人と似た数値になります。

✋この数値を見れば
 どうしても 子供にゴルフをさせたい・・・
 プロゴルファーにしたい となったら
 どの年齢辺りから ゴルフを始めると良いのか
 良い目安になると思います。




ゴルフクラブの問題は昨日書きましたが、
10〜12歳の子供にとって ものすごく立ったロフト
(それが例え12度のドライバーであっても)
大人にとって50インチ超のような、ものすごい長尺
ヘッドが軽く、まるでヘッドが付いていない様な棒
ヘッドの軽さも相まって、10〜12歳の子供が振って
しならせることが出来ない様なシャフトの硬さ

👉この条件で やはり一番辛いのは 弾道の高さ確保
 キャリーボールの距離になります。


握力が非常に低いのに
振り回さなければ ゴルフにならない
となると グリップの形に選択はなく
今のプロゴルファーに見られるような
左グリップでふんジバるような がちがちに握ったグリップになり
そのせいで アドレスが歪んでいます。

よほど 体力に余裕のある
他の運動でからだを鍛えている子供 でない限り
その酷いグリップ、歪んだアドレス姿勢
上げるためのスイングは あとあと響きます。
そして その 幼少期に身に着けたスイングの影響で
終生苦労することになるのです。

4bc4dc1974


お子さん(高校生以下)にゴルフをさせる必要性は殆どありませんが、
どうしても・・・・・
願わくばプロにしたい・・・
(辞めた方がいいですが)
というのであれば、
小学校〜中学校は もっと運動量の有るボールスポーツ
サッカーでも、野球でも、バスケットでも いいですから
他のスポーツでボール感覚を磨かせ
体力をつけてから 高校生、大学生以降 で覚えるのが良いかな と思います。

出来るだけ ヘッドの重い、出来るだけ柔らかい、
出来るだけボールのあがり易い・・・例えば大きなロフト のクラブで
放っておいても上がってしまうクラブで、上げるのが容易いクラブで
下げて(低く)打つ というコトを覚える
 のが良いです。

これは大人にも共通ですが、
下げて打つ、低く打つ というのは
ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、アイアン、アプローチ、
パッティングに至るまで、
ほぼすべてのクラブに良い影響が多く、
特に 短い距離、抑えて打つショットにとても有効です。


逆に言えば 上げようとするスイング の場合、
フェアウェイウッド、アイアン、アプローチ、パッティング、
特に短いアプローチやバンカー、パター下手を作り出します。
体力やヘッドスピードが低い人にとって
上げるスイング〜しゃくるスイング、煽るスイングは
◎アプローチの距離感が苦手
◎バンカーから上手く打てない
◎飛距離不足があるのにフェアウェイウッドが苦手
 というのが付きまとい
それは 後年、握力が落ちてくる年齢で より強まります。
✋✋✋お気をつけて・・・