俗に言う 手で振るか
からだの回転で振るか

その一番大きな違いは見ての通り
ダウンスイングでの からだの回転と左腕の関係
にあると言っても良いでしょう。

(比較)左手ドリル_Moment(5)(比較)左手ドリル_Moment(4)






どちらが ニワトリで、どちらが卵 とは断言できませんが、
スイングを丸く振る とか
タメを作る とか
手を返す、ローテーションする と
信じている人は 右手が左手に追いつき、
追い越さなくてはいけないのですから
左手を遅らせ、 かつ たくさん長いルートを動かし
右手が追いつけるようにします。

◎スイングを丸く振るのは『からだ』が向きを変えるからで
その外周にヘッドがあるから 傍からそう見えるだけ…です。

◎タメをつくるのは ヘッドは重量物で
運動するとその重さは増えますから
運動の源→からだの回転に対し、遅れます。
その遅れを ロフトの立ちに変えれば良いだけ ですから
タメは作りますが、そのタメはそのまま放置、
遅らせっ放しにします。
✊その「溜め」を開放して 弾くようには打ちません。

ハンドターンハンドターン (2)ハンドターン (3)






遅れが ロフトの開き、フェースの回転になってしまうのは
根本的に 手でクラブを上げるテークバックが基盤になった話なので
スイングの「理論」としては論外です。
テークバックで手で上げ、開いたフェース…
と言えば聞こえは良いですが、そのままでは
フェースでなく ソールがボールに当たってしまいますから
フェースで打つために ローテーションしているに過ぎません。

◎手を返す とか ローテーション・・・
からだの向き通りにクラブが動けば
それで クラブは十分「ターン」しますから
その用語そのものが からだの回転でボールを打つコトを放棄
した言葉なので 論ずるまでもありません。


からだの回転で打ちたいのならdownswing
クラブを持った手を、腕を、
からだの回転通りに付かせる、もしくは動かさないと
からだの回転はボールを通り越してしまいます。
そうなれば からだの回転の代替え行為は必須ですから
手で振るコトになるだけなのです。

ですから ダウンスイングの左サイドの動きに
左腕は遅れさせてはイケマセン。
自発的に 左腕、特に左腕上腕を
 そのからだの回転で動くであろう方向に動かしておく位
でないと、今まで 遅らせることが当たり前だった人にとっては
同期してこないかも知れません。



注意点として テークバックでは
グリップを左手で上げるのは ✖✖ です。
(禁止事項と言っても良いかも知れません)
 ヘッドを上げる は 更に ✖✖!
テークバックにおいても
左サイドの動きと左腕は 一つのユニット
グリップが高くなるのは 右ひじ・右腕の仕事です。

その右ひじ・右腕も シャフトを起こす/振る のではなく
グリップに高さを加えてあげれば良い のです。

からだの傾き が基本にありますが、
グリップを縦に動かす という意識ではなく
その体の傾きで動くであろう角度を
ちょっとアップライトにしてあげるだけです。
上げるのではなく 移動の角度を変えるのです
IMG_1015_Moment2

その意識がもてると フルショット〜ハーフショット
アプローチとのつながりが断然良くなります。
回転は横、クラブは縦 と考えていると
アプローチとフルショットのつながりが付かなくなります。





まあ 正直なトコロ、プロも含めて
からだの回転でボールを打っている人は
タイトル通りですが、絶滅に瀕しています。
あまりに多勢に無勢で めまいがする程です。