スイングを見る限り、
望んでいない、そして 無駄なリリース
右腕を伸ばすコトによって シャフトを下に振る
(映像ではそこを強調しています)
その動きがあるため
インパクトタイミングが遅すぎて
からだが開こうとする〜カット軌道
からだが上を向こうとする
タイミングにインパクトが掛かっており
また 困ったコトに…ベテランのなせる技か
からだが開く、からだが上を向く をすると
ボールに届かなくなるので
左サイドを止めてしまい、クラブを振る空間が失せ(足りなく)
ダふる・・・というか 詰まったインパクトになってしまっています。



意識として ロフトを立てようとしているのも
理解出来るのですが、問題はそこではなく
もっとベーシックなトコロにあります。

ショットのタイミングも大きく変わるので
 きっと悩み深き箇所だとは思いますが
手打ちから脱却する良い機会だと思います✊

ここの部分、スイングの根幹に関わる部分で
技術の問題ではなく、意識とか、
今までのスイングの思い込みをドカンと
 変える必要があるかと思います。

タイミングは正直大きく変わるので
 それに慣れる必要がありますが、
技術的に 新たなコト、知らなかったコト
などは一切要らないと思います。

真似てみました。


こちらの映像をご覧ください。




月並みな言葉、
スイング用語としては非常に陳腐な言葉ですが
左手のリード というのがあります。

ほぼ全員のアマチュアゴルファー
最近では多くのプロゴルファーも
この言葉の本意、真意が理解できず
誤解というか、まったく間違った解釈をしています。

✋これを誤解しないで頂きたいのは
 
☑左手がリードをして、その後、右手で叩く


イエ、この場合は

☑左手がリードをして、そののち 打つ

では ありません! 間違いです!


左腕〜左手は からだとクラブをつなげる腕であり、手です。
動作 という意味で
からだ ソノモノ と考えても良いと思います。

言葉で言うと
からだを右に向け 正面を向く
その行為そのものが打撃で
正面を向いて「から」打つ
 のではないのです。


どう意識したか というと
✋真似た方は からだの回転に対し左腕を遅らせる。
✋一方は からだの回転に左腕を付かせる。

この違いです。
「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment(2)「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment「からだの回転で!」VS「ハンドターン」_Moment(3)








最終的なインパクト直前のリリースは
遅らせた方は もうからだの回転は終わっているので
からだの回転はボールを超えてしまったので使えませんから
無意識で その分 行っています。


✋左グリップの通るルート
そして からだの回し方、回す方向 なども
今までとはかなり異なる可能性があります。
からだの回転 脚なり、腰なり、
お腹を意識した方が良いかも知れませんが、
それに左腕を遅らせない、付かせる と
インパクトは想像以上に早いタイミングで来ます。



素振りで良いですから こちらの
左腕だけのスイングドリルをしてみて下さい