スイングの基礎的? 初歩的?な改良
もしくは 重大 かつ 第一歩としての改良に
テークアウェイでの 右向きを改善するモノ があります。

テークアウェイでの右向きは
実際に練習場に行かず 素振りでも改善することが可能で
誰でもが 取り組める 改良 です。


右向きを 胴体をひねらず
股関節を境目として、骨盤、一体になった胴体 で取れるようになると
ダウンスイングで クラブや腕を通す空間や
ダウンスイングをする時間 を増やせます。
✋上から打つための時間/空間
✋インサイドから打つための時間/空間
を共に増やすコト、確保することが出来

こすり打ちをしないで飛ばせるチャンスがあります。

また クラブを主に 体の向きで動かすコトが出来るようになる為
同じような球、弾道、距離を繰り返し打てるチャンスが高くなります。

葛谷 2017-2020_Moment

❶注意点として
 右向きの量も有った方が良いですが
 右向きの量を増やす を主の改善とせず
 右向きの質を変える必要があります。


元々 テークアウェイを左手、左肩、左サイドだけで動かす
胴体をひねるタイプのスイングの人が
それに 骨盤の右向きだけを増やす のでは 
 問題は大きく改善しません。

👉グリップとからだの位置関係が変わらず
右向きの時間が「少し」増えるだけ です。

葛谷 2017-2020_Moment(2)

具体的には 写真内 左 と 右
からだに対する グリップの位置を見て下さい。
左 の写真では 左腕が大きく右に動き
グリップの移動が からだ…ではなく、左腕のよって 行われているのが
判るかと思いますが、 この関係のまま
骨盤の右向きを増やしても 大きな改善にはなりません。

写真の右では 左の写真に比べ グリップを左腕で動かさなくなり
その結果、からだが前に倒れていないのも確認できます。

葛谷 2017-2020_Moment(3)

からだの真ん中にグリップがある必要はありませんが、
左の写真と右の写真では グリップとからだの関係がかなり違うのが
確認できるかと思います。

グリップとからだの関係 左腕だけのテークバックの初動 を変えず
右向きだけを増やしても
ダウンスイング で それを元に戻すための時間が必要になり
からだの回転を止め、その時間を「待ったり」
ズレている分、からだが正面を向いても まだボールが打てていなく
辞めたいのに クラブを振る・・・ヘッドの返し が必要になります。


✋ダウンスイング時、ダウンスイング以降
左腕はその運動の 一番先頭、最前線に位置している為
クラブや腕の重さがモロにかかるため、非常に動かし難い部位です。
👉きっかけ は兎も角 足やお尻など からだ という大きなモノを動かして
左腕を動かざるを得ない。 のです。

ですので 準備であるはずの テークアウェイで
左腕単独の移動が増えれば増えるほど
からだの正面でボールをとらえる機会は失います。
それは 右向きの量が増えても同じ です。

いままで 左腕、左手、左肩 で行っていた
グリップの移動を いかに からだ全体
股関節を境目とする 胴体に移譲出来るか という
右向きの質の改善 を目指してください。