これは本当に「気持ち」的には難しいのかも知れません。
なかなか乗り越えられないモノ なのかもしれません。


IMG_0321_MomentIMG_0321_Moment(4)






.哀螢奪廚琉榮阿ヘッドの移動
  →クラブのヘッドは捨て置く


弊社のシャフトは市販のシャフトの比べ「ぐにゃぐにゃ」と
言われるほど 柔らかい ですが、
それでも ヘッドはシャフトでつながっています。
(比較 ドライバー 振動数250pm / 120cpm)

ヘッドが抜けたり、シャフトが折れたりしません。

ましてや 殆どの人は カチカチの硬さのシャフトで
ゴルフを覚えているはず です。

シャフトでヘッドはグリップとつながっているのですから
ヘッドを動かそうとしなくても グリップさえ動かせば ヘッドは動くのです。

 

このスイングは
 ヘッドは動かすモノ
 ヘッドを動かすためにグリップはどこかで止める

と言う意思が見られます。

牽引する車 の話であれば
 前の車が動けば 後ろの車も動きます。

このクラブの扱いでは
 勢いをつけて置き いざ ボールを打つ時
 前の車が動きを辞め、その勢い(反動や慣性)を使って
 後ろの車を動かしている そういう動かし方 です。


こちらは素振りではありますが
〇グリップを動かし続けるコト が ヘッドを動かすコト
と言う動きです。

正しく ゴルフクラブの機能を使い、
 からだの回転通りにクラブを動かし行くには
 こちらにしないといけないのですが、
「ヘッドを動かさないとボールは打てない、
 ボールはヘッドで打つのだから…」

と言う基本になる意識がある限り
 この動きには絶対に到達出来ません。

ゴルフクラブは 1mもの長い棒の先に重さがあります。
そして それだけではなく
 長いが故に 自分やグリップよりもヘッドの方が移動速度が速くなります。
それは 重さをどんどん増やしますから
 物理的には どんどん 動きたがらなく なっていくのにも関わらず
△同一円上をヘッドが動く
△クラブの長さ通りに円を描く

をつくろうとすれば、どこかでグリップの移動を辞め
ヘッドを「意図的に」多く動かさなければならなくなります。

その動かし方が
 👉ヘッドを多く動かしているのに
  その行為は同時にロフトを増やす動きになるから
  振っても飛ばない
 👉遠くへ飛ばすスイングとアプローチなどの
  遠くに飛ばさないスイングに共通点を作れない
 👉グリップの移動そのもの ではなく
  グリップのこねくり によって ボールを打つので
  距離や姿勢などの安定を生めない

になるのです。

ビデオ_Moment


✋腕の補助も入りますが、体の向きの変更でグリップを動かし、
 その運動によって 更に増えた重さ分 留まろうとするヘッドは
 そのまま捨て置き、
 ヘッドはどの道 シャフトによってつながっているのですから
 その重さに抵抗せず、グリップを動かし続ける


  というのがゴルフスイングです。