初めて、ゴルフのスイングを覚えるのであれば
比較的簡単なんだけれど
ある程度 打てる 当たるようになり
練習を積み、コースにデビューってところまで行くと
ひとやま、ふたやま 越さないと
スイングは改良されていきません。



元々 ゴルフの握り、グリップも構えも振り方も
ちょっと変わっていて、普通の生活では
体験し難いモノばかりだから
そう言うモノなのかな……と覚えてしまっていますよね…。


ゴルフスイングの場合
主に 腕の使い方とからだの姿勢 というのが
同時に進行していき、
どの体の向き! もしくは どの姿勢の時に!
腕をどう使う というのがあるので
正しい腕使いを覚えるのも
正しい姿勢やからだの向きが同時にないと
あまり意味を成しません。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)
左肩を入れる もしくは
左腕でクラブを押す、送る
というテークバックを取ると
本来のトップでのからだの姿勢に比べ
体自体がボールの方に寄ります

よじった体を元に戻して
ボールを打つのに 下方への遠心力〜勢いが加わるので
からだを起こして ボールから離れながら…でないと
ボールが打てない訳です。

ですから
「からだが起きてしまう」とか
「右サイドが突っ込む」
「からだが開いてしまう」

というのは このスイング〜このテークバックである限り
副作用的に付いて回ります。

「からだが起きてしまう」 →起こさないようにする
「右サイドが突っ込む」  →突っ込まないようにする
「からだが開いてしまう」 →開かないようにする
という修正〜努力をすると
更にスイングが複雑になってしまいます。


アドレスの時 軸となりうる背骨 傾いた背骨を意識するより
前傾姿勢と同等の 丸い柱 があるとして
その柱を迂回しながら オーバーですが、
イメージとしては その裏側に行く ような・・・
そんな感じで 右向きをしてみましょう。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)今のからだよりも
もっと アドレス比での背後
後方に からだを起こす感じです。

これは右ひじの使い方
今までよりも 右ひじを高め
外に張り目で修正します。

からだがボールの方に倒れてしまうのは
左手を伸ばそう、クラブを押そうとして
右手の上にかぶってしまうから 起こりますので
クラブはアドレスの状態のまま、
上げず・動かさず 骨盤 お腹を右に向ける
初期動作を覚えると良いと思います。


アプローチ、ランニングアプローチ
そうですね… 全英オープンで 6番アイアンの100ヤード
ランニングアプローチ この感じがスイングの基礎 であり
スイングそのもの とも言えるでしょう。

Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment(3)クラブのこの姿勢、この位置を
からだの右向きで造れるようになると
良いですね。

本来 この位置は からだの向きだけで
作られるはず…なのですが
腕さばき、おそらく 左肩の入れ込み
で作ってしまっているので
ある意味 クラブの動かしすぎ です。

これが後々 アプローチなどの
打つ距離に対する オーバーアクション、オーバースイングの元
になるのです。