スイングのレッスンを始めから受けた方
スイングのレッスンを真面目に受けた方 に
良くあるパターンです。・・・とても良く見受けます。



スイング軌道 と言う言葉は昔からありますが、
映像機器などの普及化によって
ゴルフのレッスンなどにも深く使われるようになり
言葉では伝えにくい クラブの動かし方やからだの動かし方を
画像に線を引き〜それをなぞるように指導する形が多くなりました。

これは 過去に レッスンをしている人 に
何度か質問をしたことがあるのですが、
スイングの軌道は真縦でもなく、真横でもなく斜めに傾いています。

そして それは個々人の体格や構え方
持つクラブの長さなどによっても少々異なりますが

「その 斜めの傾き具合 はどこから来ているのでしょうか?」
「その 斜めの傾き具合 は何が基になっているのでしょうか?」


と質問して、ちゃんと答えられた方は多くなかったと記憶しています。



✋✋傾き具合は
 使う各クラブの長さに応じて 変わります。
✋それは 長さに応じての前傾姿勢 です。

✋✋✋前傾姿勢は その言葉の通り、
 自分の前、自分のからだの前に傾いている角度
 です。


自分のからだの前に傾いている角度 が基準になって
スイング軌道は傾いているので
その 前に傾いている角度 とともに
自分にとっての、自分にからだにとっての というのが
無い限り スイング軌道を傾けるのは
マネをしている、振りをしている、形だけ作っている
本来の 意味、意義を失ってしまっています。
はっきり言って 無意味 です。


Desktop 2020.01.24 - 23.30.23.01_Slomo_Moment✋ですので
このアングルからの画像では
ボールが自分のからだの前
 にあります。


M2019810L!_Moment田中どら_Moment(5)✋トップの状態での
ボールと自分の関係では
自分の正面は 右を向いていますが、
前傾姿勢があるため
左サイドが右サイドが低いから
ボールの方に傾いているだけで
ボールの方に前傾姿勢があるのではありません。

そこを履き違えてはイケマセン

ここの思い違いは 長く深くスイングに影響を及ぼします。


シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)ですので
なんの意味があるかは不明ですが、
スイング軌道だけをなぞって
このトップを造っても、
ここにクラブを持ってきても、
この後、問題が山積します。

からだが捩じられていて
からだの正面が一体どこなのか 分かりません。

言葉遊びのようですが、
人間のからだの構造やクラブの
機能があるので
結果として スイング軌道があるだけ であって
スイング軌道が優先されるモノでは決してありません。

このスイングには スイングの誤解が満載の状態なので
もう少し 教材に使わさせてもらいます✋