ゴルフスイング用語の中に
「ヘッドの重さを使え」
というのがありますが、この用語は
多くのゴルファーに誤解されています。

その典型的な例がテークアウェイ(バック)での
重さの使い方です。

ご存知のように ゴルフクラブは長い棒の先に
重量が集中した狷散餃瓩任后
しかも、その先端に付いたヘッドの部の重量は
持っている棒(シャフト)よりも右側(後方)に位置するため
(重心深度と呼ばれるものですね)
右方向への動きは大変得意としています。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

テークバックの際、「動きのきっかけ」だけを作り
ヘッドの重さが慣性で動くのを使って
逆に体を回してしまうような動き
練習場で大変多く見かけます。

ゴルフショットは 飛距離や弾道を管理して
コースを攻略する遊びです。
上手くいかないことはもちろんあっても
ボールを管理するためには、それを打撃するクラブ、
そして打撃部分であるヘッド部を
出来る限り「管理したい」筈です。

スイング、クラブの扱いの中での管理とは
自分が動作している分、クラブも移動、ヘッドも移動
しているという事であって、
自分が止まった反動で、無造作に動いているヘッド
と言うのを管理しているとは言いません。
その反動をつけた無造作な、無責任なヘッドの扱い方の
きっかけになってしまうのが 
テークバック初期の段階でのヘッドの重さの使い方なのです。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

体を回し始める
→浅い段階で体の回しを止める
→ヘッドには慣性が付いているので
 その影響でクラブは動き続ける
この手のテークバックには大きく二つの欠陥が生じます。

まず グリップを軸にクラブが回るため
ロフトが最大限増えてしまいます。
例えば10度のドライバーだったとしても
ロフトが90度も増えてしまうようなテークバックでは
それをインパクトまでに戻してくるとしても
毎度毎度同じロフトにはなりにくく
製品として「ロフト10度」の意味は
ほぼ無くなってしまうのと同じです。

次にロフトとつながっていますが
体を止め、ヘッドのその慣性でクラブを動かし
そして腕を横に振る(振られる)状態になると
クラブそのものの姿勢も、ヘッドその物も姿勢も
ダウンスイング方向に対しては最大の重さ(負荷)
になってしまいます。
その重さは感覚的な感じではありますが、
概ね正しくクラブを扱いテークバックした時の
クラブやヘッドの重さと比べると
倍では済まず、5倍も10倍もの重さに感じます。

そうなれば 逆な方向への動きが始まった時
必要以上にクラブやヘッドが重い訳ですから
当然「力む」ことになるでしょう。
4289f9fa-s

そして、その重さはインパクトまでの間に
必然的に右サイドを下げていくわけになる訳ですから
上から打ちたい という願望があるゴルファーにとっては
禁忌なテークバックと言えるわけです。


注)上から打つ というのは
腕の作業でクラブヘッドを高いところから
入れてくることではなく、
ダウン→インパクト のその進行方向に対し
進行方向の左サイドが低いうちに
ボールに対しアプローチしてくることを指します。

テークバックのここの部分は
大変重要な改善ポイントな訳です。

スイングをいったん解体し
リズムやクラブの扱い方を再構築するためにも
俗に言う「上げ方」、テークバックの取り方の順序を
逆にして練習しましょう。

アマチュアおじさんゴルファーのほとんどが
体を回す→クラブを上げる
と言う手順でテークバックを取っているはずです。
それを逆にするのです。

クラブを上げる と言う言葉は正しくないので
クラブを起こす → 体をまわす
と言う具合です。

クラブを起こす際は、決してクラブを横には
1センチたりとも動かさず
真っ直ぐ 自分の右ほほに向かって上げ
上げ終わったら、体の向きを変えるのです。

実際に自分で素振りなりしてみると
ここでいくつかのポイントに気付くと思います。
上げる→まっすぐ  ×横の動きを加えず の筈が
腕を動かすと クラブを横に動かそうと
スイングプレーンをなぞるように横に動かそうと
しているゴルファーが大半。。。なんじゃないかな

次に、テークバックは意外にも
クラブは軽く、短時間で終わりに来るはずです。
クラブを先に起こしてしまっているので
クラブは一番軽い状態になっており
その状態で体を回しても、クラブには慣性が
ほんの少ししか付きません。
殆ど存在しない程度の不可抗力でしかありません。
従来の自分のスイング手順とは
ずいぶんとクラブの重さが違うと思います。

そして 今まではクラブの、クラブヘッドの重さで
骨盤ではなく、上半身を捩じっていたので
非常に無造作に、ほとんど意思なく
クラブの、クラブヘッドの重さで体を捩じっていたので
今度はもっと「積極的」に自分の意志で
お尻なども含めた足回りを使って
骨盤を動かして、体の向きを変えなくてはなりません。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

非常に奇異に感じる動きかも知れませんが
鏡で見てみれば、自分の想定している
トップオブスイングの クラブの位置に
そして、体の姿勢もなっているはずです。

この練習はもちろん練習場でボールを打ちながら
することが有効ですが、素振りですら
短期間のうちにいろいろなことを変えていきますので〜〜
 レッツトライ!