アドレス、構え、ポスチャアとの絡みは ありますが
グリップ、両手の握り のポイントは幾つかあります。

❶最大のポイントは
 左右のグリップが (上
下)に大きく離れないコト です。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e22342ea91fd36ed9c16ce93d5f8








両方の手首のラインを見てみて下さい。

製品としてのグリップ(ゴムの部分)は 30センチ弱あります。
手の大きさ、手袋のサイズにもよりますが
半分くらいの 20センチの区間を持つ というか
◯左右のグリップで 出来るだけ似たところ 一か所を握る
 ✖✖左右が別々に二か所の場所を握る〜握る区画が広い

 ようにした方が良いと思います。

その手首の位置の違い、高さの違いは
そのまま アドレスの姿勢に直結します。

本来 その最低限のズレは 背骨をゆがめたり
片側の肩を前や下に落としたりするのではなく
骨盤そのものを 微妙に右に傾けて 解消します。

しかし、それにも限度があります。
左右のグリップ、手首の高さの位置のずれが大きいと
からだの部位ごとに 左右の向き加減や上下の向き加減に
歪み、違いが出来てしまい、傾斜のある場面や疲れた時など
ボールの位置がずれたり、向きがズレたり し易くなります。

両手を合掌 とまではいかなくとも
左の手のひらの下側 と 右の手のひらの上側 が
重なっているというか 『手のひら』が形成されていることは大切です。


❷握り方には インターロッキングやオーバーラッピングなどありますが、
そこはお好みで良いと思います。(ベースボールは論外な気がします…)
出来るだけ 手首から離れた指気味で握る方をお薦めしますが
それも 手のサイズやグリップサイズなどにもよります。
指側で握る というニュアンスの中で
重要なポイントは グリップ(シャフト)と手のひらの角度 です。 
IMG_1064

☆☆☆ちなみにですが 細いグリップの方が握り易い かも知れませんが、
少ない力で 強く握れるのは ふと過ぎない程度に「太め」のグリップ
握力に自信のない方は 接触面積の取れる「太めのグリップ」の方が
しっかり握れます。 (女性に細いグリップはダメ というコトです)

手のひらとグリップ(シャフト)の関係が斜め になるようにします。
手のひらとグリップが垂直な関係はダメ です。

これも アドレスに直結します。
手のひらとグリップが垂直な構えをすると
必要以上に かがみ、、、 前傾ではなく かがみが生まれ、
グリップの位置も体の中に入ったりしやすくなります。
IMG_0772

主に左手とグリップの関係になりますが、
左の親指は クラブを握る、グリップする というコトよりも
その角度を維持するためのポジションを取った方が良いと思います。

✋左の親指が グリップを握ってしまうと
 左グリップが丸くなり、握手の入ってくる場所が塞がれてしまい
 左右のグリップの密着感が薄れます。