ショットする、スイングする、クラブを振る、

きっと ゴルフを始めた初期の段階で
多くの人が ボタンの掛け違いをしていると思います。

技術的な部分ではなく 頭の中で
そこの部分を把握? 理解出来ると
スムースにスイングを変えるコトが出来るようになります✋



step-1 スイングは 体を回す
体の向きを変えるコトによって ボールを打ちます。

step-2 体を回して クラブとの接点 【グリップを】
 移動させることによって 『結果』 ヘッドを移動させる。
👉傍目にヘッドで円を描かせる(描いているように見える)

step-3 基本は
 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させるコトにあるのですが、
そんなの当たり前だよ・・・と多くの人が言うと思いますが…

❶体を回すコトによって グリップを動かす のと
❷体を回すコトによって ヘッドを動かす のでは

ものすごく大きな違いがあるのです✋✋
まるで違うスイング、体の回し方になります✋✋✋


❶ヘッドはおまけで グリップを移動させるためにからだを回す のと
❷ヘッドを動かす為に 体を回す のでは
回し方は 似て非なる、まったく違うモノです。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)










✊グリップを動かしても ヘッドはシャフトでつながっていますから
 結果は ヘッドも動きますが、
 記事の中で何度も書いている通り、
 ヘッドには重さ、そして長さ、運動すれば移動速度
 があるので 随時 重さは増えていきます。
 体を回すコトによって 移動するグリップ✋
 その移動量が 基本、ヘッドの移動量の源 です。
 ですので 増える重さの分 ヘッドの移動量は
 グリップの移動量よりも少ないのです。

しかし、多くの人は
 スイングは円だから 外周にある ヘッドの方が
 グリップよりも多く動く、  たくさん動く、   長い道のりを動く を
👉グリップよりも多く動かす、たくさん動かす、長い道のりを動かす

 と信じて疑いません。

まるで 言葉遊び、トンチのような内容になっていますが、
ここの部分が スイング、ショットにとって一番の肝なのです


❶体を回すコトによって グリップを動かす
 そのグリップの移動量よりも ヘッドが重い分、重くなる分
 少なくしか動かない   のと

❷始めから ヘッドの方が多く動かす

のでは からだの回し方が全く違います。

本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)







動かすコトによって増えるヘッドの重さを無視し
無理やり ヘッドの方が多く動かす 回し方 では
その重さによって起こるズレ、遅れ
その重さを無理やり動かすコトによる特殊なからだ使い
によって 胴体をヒネらなければならなくなり(振り遅れ)
体を止める反動で ヘッドを動かす必要が出てきます。
結果、ダウンスイング〜フォローに
ボールと正対する瞬間が無いからだの回し方 になってしまいます。

その体の回し方で クラブを振らない腕使い をしても
ボールを打つコトが出来ません。

言葉で説明するのが難しいのでピンとこないかも知れませんが、
ゴルフクラブ で ヘッドの付いていないシャフト(棒)を振るのと
ヘッドという重さが付いている棒を振るのでは
同じ動作をすれば ヘッドは同じに動きません。
ヘッドが同じような動きをしているとすれば 同じ動作ではこなせません。

ヘッドの重さは 例えばドライバーでは 240g(悶絶クラブの場合)
ですが それは1ⅿの長さのシャフトと腕 で遠くにあります。
それに運動/移動が伴いますから その重さは少なくとも数キロ
場合によっては キロを超える場合もあるでしょう。。。

全く重さの先端についていない 棒 と
数キロの重さが付いている ゴルフクラブ では
繰り返しますが
同じ動作では 同じように動きませんし、
ヘッドが同じ動きは 同じ動作では作り出せません。
物理的な、自然な法則です。


✋ここのところが スイングのポイント だと思いますよ