一般的には キャスティングは
左手首を基準に

アドレス時にある 左前腕とシャフトの角度を
最低でも維持し、腕とシャフトが一直線にならないように…

というニュアンスが一番近いと思います。




クラブが上がる時も同じですが、下がる時、
ゴルフクラブは シャフトと言う長さの先にヘッド、
重さが付いているので
ヘッドを上げる時も、下げる時も
一度 やり始める(例えばコッキング)と 
 その動きを止めることが難しい構造です。


例えば5番アイアンは
 一般的な市販のクラブで 240g
 弊社の悶絶クラブで  320g


それに腕の長さやシャフトの長さが加わります。
重さに対しては それは 掛け算 になります。
 どの場面か によっても異なりますが
 だいたい 1mとしましょう。  ×100cm

運動、移動が加わると それは 移動速度の2乗倍
 になりますので、速度にもよりますが ×30ms2

上げる時も速い人はいますが (理由はわかりませんが…)
当然、ダウンスイングに当たる 下がる時は 速度は増します。

IMG_1015_Moment2


気持ちは分かりますが、ヘッドの重さ、
移動させている時の実質の重さが重いと
動かしている充実感があり、速く振っている気になりがちですが、
体の正面よりも グリップが蕕縫坤譴譴
それは ロフトの増えになってしまうため
単に スピンや高さが増えるだけになります。
充実感の為にスイングしたい人は別として
体を痛めず、楽して飛ばしたい人は
  少々 頭を使う方がベターでしょう。


人によって異なりますし、厳密な必要はありませんが、
必要最低限、のトップの位置は
自分のからだとシャフトが平行になる位、地面に垂直になる位です。

体とシャフトが平行・・・ は
ちょっとイメージが付きにくいかもしれませんが、
例えば その関係が 平行に近い 薄めのV字 の関係
がトップだとすると、ボールを打ち終えるまで
その V字の角度を解いてはイケマセン。
その関係、角度は維持するつもりでいて下さい。

放っておいても クラブの構造上、解けます。
維持しようと思っても ある程度は解けます。

意志を持って その角度を 解いてしまうことを
「キャスティング」と言います。

前述しましたが、ゴルフクラブの構造上、
意志を持って 自分から その角度を解いてしまうと
それを途中で止めることは 不可能 です。

自分では クラブ、もしくはヘッドを下に振る と思っている行為は
単に ヘッドの通り道を大回り、遠回りさせ
インパクトロフトを増やし、入射を緩くする
苦労の割には距離にならない 「代表的なアマチュアのダウンスイング」です。


トップで出来た からだとシャフトの V字
これを解かないと ボールに届かない?
本当にそうですか?
キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(4)

グリップの位置は下がるでしょう。
その分 ヘッドの位置も下がります。
右を向いたから ヘッドが高くなったのです、
その右向きは解かれます。 元に戻ります。
上げるよりも 下げる方が 重力が助力されますから
少ない労力で同じ場所に戻れるはずですし
短い時間で済む筈・・・なのですが・・・・・・・・おかしいですね。

届かないのは 届かない からだの姿勢、体の周り方を
作っているから? ではありませんか?