腕を振らずに からだの回転でクラブを動かすと
ヘッドを振らないでスイングをする と
ゴルフクラブの最大特性である 重心位置(重量の中心点)が
ズレている L型の構造の良さが出ます。

ゴルフクラブは野球のバットやテニスのラケットのように
打点になる部分が 棒の軸上からズレています。

これは ロフト角度というモノを安全に使う
という意味合いも含まれていますが、
静かに使う時と激しく使う時で
二重の重量構造を持っています。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)









アドレス時など
ゴルフクラブを動かしていない(移動/運動していない)時、
静かに使っている時、
重心位置 というを感じることが出来
ヘッドの向いている方向を感覚的に把握することが出来ます。

しかし、ロフトと言う機能を別にすると
ボールを遠くに飛ばすコトにおいては
この構造は 非効率的に エネルギーが分散しやすくなります。

そこでシャフトのたわみ(しなり・動き)によって
運動(移動)が激しくなった時、重量に遠心力が掛かり始めると
重量が一直線上に並ぶ機能がゴルフクラブにはあり
それによって 効率よくボールを打てる
重量構造の二重構造です。

クラブを捩じって使ったり、フェースターンをする人にとっては
この二重構造を使うことが出来ません。
常時、ズレた構造によって
本来、クラブが持っている機能を使えないモノが多数出てきます。
IMG_8497

例えば 慣性モーメント です。
慣性モーメントは 重心位置(重量の中心点)を軸に
どの位 ヘッドが同じ姿勢を取る傾向が強いか というのを示す
数値で表されますが、軸線上に揃って使う というコトが前提です。
ヘッドを返す打ち方をする人にとっては
なんの役にも立たない、意味のない数値になります。
本来、数値の高いモノは ミスへの寛容性が高くなり
ボールへのエネルギー伝達も良くなる(飛距離が出やすい)のですが
ヘッドを返して打つ人には 関係のない数値になります。
場合によっては 一般的に易しいと呼ばれる 数値の高いモノ は
ヘッドを返し難い 使い難い可能性すら出てきます。


また 重心深度 というモノを良し悪しになります。
アイアンに比べ、ユーティリティ、
ユーティリティに比べ フェアウェイウッドの方が
構造上、重心は深くなっています。
この効果は 重心が深い分 ヘッドが前に出やすく
その分ロフトが付き易く、同時に 入射角度が緩くなる
ボールを飛ばしたり、上げたりするには 
「適度」の補助であれば 良い 効果 なのですが、
ヘッドを返す打ち方は 正しく打つ打ち方よりも
かなり 緩く入射させる傾向が強いため
必要以上に 緩くなり過ぎてしまい、重心の深さの為
上にシャフトが跳ねる、ヘッドが上に跳ねる 可能性が増します。

811-5-1

411BK-5-1








重心を深くするのに 構造上、ソールの奥行きが深くなることもあり
上向きのフェースになり易いヘッドは
トップやダフリ、チョロになる可能性が増すため
ヘッドを振るスイングの人にとって
重心の深いモノほど 使いにくい可能性が高いのです。

これは 実はウエッヂにも同じ効果があるので
バンスの少ない 薄いソールを使う というのは
その形状だけ、でなく 重心が深く、低くなるのを
使いたがらない というのと共通しています。


ゴルフをする人の平均年齢が上がっている…にもかかわらず
ユーティリティクラブにはユーティリティの良さはありますが、
フェアウェイウッドがあまり好まれず ユーティリティが好まれる
軽いヘッドが好まれ、硬いシャフトが好まれるのは
ゴルフ全般にとっては 良い傾向ではありません。