Rさんの話、自体ではないのですが
ひとつ とても参考になると思うので
記事にしてみます。

弊社では有名人な Mr.K に
ちょっと意図的に打って頂きました。

既にご覧になっているかと思いますが、



嫌味や皮肉ではなく、正直に どうしているのか と尋ねたところ、
「手で振っているつもりは一切無く、体のターンで振っている…つもり」
とのコト です。

後日 の記事で書きますが、
右手のかいな 右腕で自分の方に巻き込む動作で
クラブを動かす限り、
からだを開き、それを行う空間を作らないと
その動作が出来ません。
  その動作をする為の空間が確保出来ません。
ですので 上手に打つ イコール からだを開く は
良い悪いのパックになっています。


また 同時に 手の返し、シャフトターン、ヘッドターンで
ボールを打つ限り、グリップの「所定の位置」と言うのは大切で
インパクトのグリップの位置を作るため
「向き」 肩とボールの正対 と言うのも重要です。

右手のかいな でボールを打つには
ダウンスイングで クラブを含めた 右腕は
からだの外、からだの右外に置いてからスタートする必要が
ありますので、その点においては Rさんもその傾向が強く見られます。

右腕、クラブをからだの右外 に置くためには
トップのからだの向きから 正面までの、ダウンスイングの前半で
右腕を置き去り、グリップを置き去り にします。


しかし その時期を逸してしまう のは痛いです。
トップのからだの向きから 正面までの間は
その言葉通り 「ダウン」スイング
からだの向きの変更、右向きから正面への動作によって
高さを低くできる大きなチャンスです。
からだの向きを変えるだけで 腕やクラブを低くできる…筈
ですが、その時期を逸している、意図的に置き去りにしているので
どこかで 「低さ」が必要になります。

右腕のかいなで打つ
手の返し、ヘッドの返し、フェースローテーション
シャフトを走らせる 様様な名称が付いていますが、
そのどれもが 「下に振る」必要が出てきます。

片手スイングドリル 右手編_Moment片手スイングドリル 右手編_Moment(2)











グリップを低くする
のと異なり ヘッドを低くする動きは
その動きと同時に、肩のラインを莨紊りにします。

クラブ(ヘッド)は下げる と並行し からだは上を向く

という同時進行が発生してしまいます。

それがより「下に振る」を生み出す…のですが、
その結果、巷に流れるヘンテコリンな「地面反力」なんて言う
トンてもない理論が出てきたりするわけ です。


テコの理論 なのだと思いますが、
上に向かう力を増やして 前に飛ばすのは
効率が良くないですし、故障の原因になります。



本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(3)


また 深刻な問題となるのが
この動作を「スイングの普通」と思っている人は
ゴルフスイングにおいての 「からだ」というのがどこなのか
と言うのが出てきます。

シャフトが180度ターンする間に
へそや骨盤、秀二の向きの変更は ほとんどなく
それを行っているのは 左右の腕の入れ替えに伴う肩 の動きだけで、
それにつられて(引っ張られ) 骨盤は動いているに過ぎません。

なので 「腕で振っているつもりは毛頭ない」になる訳です。

これは深刻です。

このボールどらえ を普通と思っている人とは
スイングの用語の 「からだ」 を指す部位が異なる というコトになります。

肩周りと腰回りに向き差を作る 👉胴体をひねる動きは
故障の原因とともに
本来は 前傾姿勢を基準の横の動きに
大きく縦の動きが加わってしまいます。
原則、体のひねり、ねじり は純粋に横には動けないからですが…。

痛みに鈍感 とか 強い とかを除けば
この動きでコンスタントにヒット、習熟させるには
学生時代の特訓に相当する練習量が必要です。
また この動きは
ボールの底をさらう、ボールを上げる動きの為
ヘッドスピードを高くしても 距離になり難く
よほどの 運動性能が無いと「飛ばし屋」にはなれません。