http://hbs.livedoor.blog/archives/1990234.html



✋店長殿

 

 悶絶のご報告

 初めてお店に伺ってから1年、

悶絶クラブを手にしてから半年が過ぎました。

 

はじめはコースでも相当苦戦しましたが、1ヶ月位すると大きなミスを時々するものの、

1ラウンド中何度もスーパーショットを体験するなど順調に順応しているようでした。

 

 この頃は、店に伺ったときのアドバイスと、ブログの当時の記事や

U-チューブの動画を参考にしながら取り組んでいました。

あまり細かいことを気にしなくてもそこそこ良い球が出るので、

そのうち確率も上がってくるだろうと高をくくっておりました。

それが4月の動画の頃です。

 しかし、7月頃からコースで調子が良かったのに突然乱れる
(チョロ、大ダフリ)というのが多くなり、

きちんとブログに書いてあることを理解しようと思い

2009年の最初から読み直しました。

知りたかったことはほとんど書いてあり、説明を頼りにスイング作りに努めました。

そして、大きくシフトしながらヘッドを地面上で飛球線と平行に保つドリルをやっている時、

スイングって、刷毛塗り+シフトがほとんど全てだと閃くように実感しました。

きちんと理解しないでやっていた頃は、なかなかその重要性が実感できませんでした。

ハンドファースト、ブレイクラインを破る、前傾姿勢を保つ・・・等
はじめの頃自分が重視していたことが、

形を目指すべきものではなく、

正しい動き(クラブ操作)に結果としてついてくるものだということも分かってきました。

 

 この理解により、後は練習を重ねれば、自然に鼓笛隊が訪れ、

このようなメールによる相談は不要のはずでした。ところが・・・


大森201904_Moment大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)








 

○現在、練習の際に意識しているスイング作りのポイントは、

以下のとおりです。まるでブログにあることを書き写したようなのですが、

自分で大事だと感じているポイントです。

 

  1. 左サイドにグリップを保ったままテークアウェイ。

▲董璽アウェイの最後に右肘クランチでグリップを胸に引きつける。

それに応じて自然にグリップは右側に移る(クラブが立つ(下方への重力を軽減)、

グリップを胸に近づける(立体刷毛塗りで生じる遠心力を軽減)意味が体感される)。

右肘は肘鉄をイメージすると良く引ける。

またボールは凝視せず、視線は頭の動きに合わせて一度後方を見るくらいが良い。

  1. クラブの重さの行きたい方を感じながらグリップを下に下ろし、

  2. 骨盤は右向きのままという意識で、クラブを立てたまま右胸前から左脇腹方向に動かす(立体刷毛塗り)。

    同時に、緩やかに左にシフトする。

  3. シフトにより空いた空間で、フェースがボールを見るような形になるよう右腕を伸ばす

    (右向きが残る右サイドが高い状態のまま伸ばすにはシフトが必要。そしてこのあとの回転によりヘッドの入射角度をつけるには必要な操作)。

    左手は甲側が地面を向き、右手は甲側に折れる形となる。

  4. イ了点でシャフトは地面と平行くらいになっており、このあと手さばきは一切しない。

  シャンク方向にシフトを続け(右腕を伸ばしておかないと続けられない)、

左膝に体重が乗ったら自然にクルッと回る。(脚でフェースを引きずる)

Д轡礇侫箸枠球線と直角よりも鋭角にならない(=グリップよりヘッドが遅れる)意識で抜いていく。(ヘッドをボール位置に置いてくる)

 

このような感覚で練習しています。

11月の動画では刷毛塗りやシフトを十分意識しているつもりなのですが、

4月の動画と全然変わっていないように見えるので悲しいです。

 

○自分で動画をみて思うこと

・特にダウンスイングで、両手でグリップを挟んでいる程度の力感が無い動作して

もきちんと当たれば飛ぶが、力感(充実感)を求めた方がより飛ぶので、

つい力んでしまう。その結果右肘が左肘より下がり気味になり、すくい打ち気味になっている。

・ダウンで右足踵がめくれている。

・フォローが高くとれていない(理由不明)。

 

○コース等の現象面で困っていること

・バンカーショットにトップが多い。(すくい打ちになっているのでしょうか)

25yを超えるパターがきちんと当たらず必要な距離を打てない。

・絶好調から突然乱れ(チョロ、大ダフリ)ることが多くなった。

(はじめの頃より、特に最近の方が多い)

・練習場でも噛んでいることが多い。

 

 悶絶の日々なのですが、練習場やコースに出るのが楽しくてしかたなく、
クラブを作っていただいて本当に良かったと感謝しています。

大変長文になりすみませんでしたが、虎の穴に伺うべきか否か、
アドバイスをよろしくお願いします。