ボールを打つ場合、
なにがしかの 横移動が無いと打つコトは出来ず
●体を回せば フェースターンは要らず
●フェースターンをするのなら 体を止めなくてはならない


総じて 早期に体を開いてしまうことがスライスにつながったり
ある程度、打てるようになると 茲琉っかけを怖がったりすることが
トップオブスイング以降、ダウンスイング以降の左向きに制限をかけたりする。
ゴルフスイングに慣れた人ほど 陥りやすい かな…。


要らないフェースターンは
動作・・・としては
テークバックで曲げた右腕を伸ばす行為 に対し
左グリップの移動 が十分でないと起こってしまう。


スイングのスピードが乗ってくると
クラブの重さを主に支える左腕は からだの回転以外で
移動させるのは難しい。

ダウンスイング初期であれば 左腕も単独で動かせる
その慣性も利用しつつ、からだの回転は止めるコト なく
からだの正面でインパクト、ボールと相対したところでインパクト
も意識しないで 打つところは一気に左を向いてしまおう

いきなり コースで‼ はなかなかできないけれど
練習では 左を向くコト 骨盤を左に向けるコトに
躊躇しないでやってみて欲しい。


✋スライスが嫌だから からだの開きを避けるのか
✋引っかけが嫌だから 体の左向きを戸惑うのか
✋インパクトは体の正面でを意識しすぎるのか

ダウンスイング後半、インパクト直前、手前位から
からだの向きを固定してしまう弊害は結構根深い。

からだの回転 〜 体重シフト の感覚が掴めなくなるね

(比較)左手ドリル_Moment


👉体が止まれば 左グリップの移動も止まり
 意識していないが フェースターンが実行されてしまう
 それによって 腕クラブが一直線になり その長さを確保
 するのに 左サイドは高く跳ね上げないといけなくなるよ

(比較)左手ドリル_Moment(5)(比較)左手ドリル_Moment(4)














👉腰は止めて からだの回転は肩 と言う習慣が付き易く なる
 コレ、とても重要、というか問題

⇒この習慣が定着すると テークバックの取り方
 グリップやアドレスにまで波及、悪影響します。


👉体を正面で止め、結果 上向きになって出すヘッド、
 動かすグリップのからだとの相関関係が変わってしまう
 体を止めた状態での 出す方向と明らかに異なるよね

実はここが アウトサイドイン とか インサイドアウト とかと
深く関係しているでしょうね。

体を止めていたら 自分のからだよりも左に振らないとイケナイけれど
体を回していたら 逆に 自分のからだより右に振らないと
同じようなトコロは通らないよね