ヘッドスピード・・・ は

(計測するのは ヘッド部ですが、
 概念としては グリップの横移動速度を上げるコトです)


如何に スイングの進行上、その道のり〜軌道上を
速く移動するコトで

●スイングは横移動であるコトを念頭に

解決方法、向上方法は二つしかありません
まあ 私たちの年齢では❶は除外項目なので
一つしかない とお考え下さい✊


まあ スピードを上げても
ロフトが増えてしまう、上を向いてしまっては
元も子もないのは 言うまでもありません。


IMG_0699_Slomo (3)_MomentIMG_0699_Slomo (3)_Moment(4)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)





❶肉体的、身体能力的に横移動を速くするコト

✋これは若者や痛みに鈍感な人
 脳みそが筋肉な人にお任せしましょう
 スポーツカーに乗って ブイブイ言わせる人向け ですね🙋

✋それをし続けるコト によって
 からだを痛めるようなことは
 私たちの年齢では出来るだけ避けたいトコロ…です

また 靴は夕方に買いましょう みたいな部分で
ゴルフは長丁場な遊びですから
ゴルフショップで『ヘッドスピードに挑戦』のノリで
最大ヘッドスピードに挑む…のではなく
数時間、雨や風の中でも持続できる
自分に維持できる「巡航速度」であると忘れないようにしましょう



横移動に邪魔なモノ、抵抗になるモノ、負荷になるモノ
 は出来るだけ排除、取り除く、もしくは作り出さないコト


からだもありますが、クラブや腕は動かすと『長さ』が伴い、
速度によっては、使い方によっては
長くなり易い特性を強くもっているので注意が必要です!

✋ゴルフクラブは その形状から
その長さ、そして 先端に重さの塊が付いているコト から
使い方を誤ると スピードを上げるのに
筋力が強く必要になってしまいます。
スピードを上げやすい、妨げにならない使い方 が
永続的に 高い、無駄のない横移動を作り出します。


ゴルフスイングとゴルフクラブの関係は
とても良くできていて、知恵を使わず
無理やり 力でねじ伏せてしまうように誤った使い方では
 打撃のエネルギーは
ヘッドスピードではなく ロフト、そして弾道の高さ に
直ぐに、そして簡単に化けてしまいます
労力ばかり使って、しかも痛めやすいのですから
ちゃんと知恵を使うようにしましょう。



そのポイントは ✌ 二つ です

➀打つ「まで」は 出来るだけクラブは長く使わないコト

スイングの弧が大きいほど飛ぶ と誤解している人が多いですが
筋力、運動性能が解決する気がないのなら
それは はっきり言って 間違い です。

クラブの長さ  👉重さとつながるクラブの長さは
重力に対し グリップの真上にヘッドがあれば 長さはゼロ
地面と平行になっているような ヘッドとグリップが同じ高さにあるような
その長さ分 上下差が内容な状態では
ヘッドの重さに「長さ」が乗算として加わります。

そして 運動が伴えば それに「速度の二乗」がまた乗算されるのです。
IMG_0699_Slomo (3)_Moment(5)

👈あれれ?





元のヘッドの重さは 数百グラム ですが
 その差は 数キロ になります。

IMG_0699_Slomo (3)_Moment(2)トップの位置 では
ヘッドの重さも含めた クラブの重さが
グリップを下方に下げる働き
として利用できる状態です。

それを利用しない手はありません。

                続く・・・