クラブヘッドを振ってしまうスイング、
シャフトを振ってしまうスイングは
感覚的にはヘッドスピードがあがる動きに思えるので
なかなか辞められないのですが、

その行為は 同時に
からだを上に向ける動き、
・・・登り斜面でボールを打つのと同じ状態
を生み出してしまうので
video_Moment(3)

上がったと思われるヘッドスピード、
振ったという充実感に比べ
コンスタントに 飛距離が伸びにくい特性を常時持っています。
  👉一言で言えば 効率が悪い です。

また 腰や肘、首などに負担を掛けやすいので
オジサンおばさんゴルファー向きではありません✋





ヘッドを振る、シャフトを振る動きには
ある一定の手順、スイング手順があります。

それを総じて 『手打ち』と呼ぶのですが
そうでないものとの 一番の違いは その手順にあります。


からだの回転を主にしているスイングにとって
腕の作業は
アドレスよりも高くなったグリップを
元の高さに戻すだけ
ヘッドそのものや
 茲亮蠎鵑鮖拇世箸靴織轡礇侫箸蛤枯咾粒囘
には 一切携りません。

snap-lock_Momentsnap-lock_Moment(2)snap-lock_Moment(3)





この3枚の写真を見て
多くの人が「だまされてしまう」と思うのですが
左腕に注目・・・ですが、ここでの腕の作業は
左腕が 前ナラエと気を付け の関係 で
左腕の上腕がほんの少し下がったに過ぎません。
グリップを下げた・・・というよりも
からだの回転も伴っていますが、左腕上腕を少し下げただけです。

snap-lock_Moment(3)snap-lock_Moment(4)snap-lock_Moment(5)






そして この3枚の写真・・・では
腕は何もしていないのです。
一番左の写真 で クラブと腕の関係は固定されます。
その後 からだが回っていくだけで
あえて 言うのなら
 そのからだの回転に対し 重さ分遅れないように
補っているに過ぎません。

ボールを打つ このメインステージでは
腕はなにもしていないのです。

からだの回転で打つ には
少々オーバーに言うと
先に 左上腕が下がり 腕やクラブの形を決めてから
からだを回す。
左腕上腕が下がる動きで 体自体を左にずらし
そこでクラブを固定して あとは回るだけです。

腕 🔀 からだ と言う手順になります (続く)