素振りでいいんですけど
是非 背面万歳振り トライしてみて下さい。



本当に出来ちゃったら 痛めるかもしれないから
おっかなびっくりお願いします。

トップの位置から 右を向いている内に
クラブの重さで グリップの下げ 👉左上腕を下げ
向きはそのまま 背後 に万歳するイメージで・・・・


M20191011suburi_Moment(5)M20191011suburi_Moment(6)M20191011suburi_Moment(7)M20191011suburi_Moment(8)












おそらく その時点でからだは自然に向きを変えます。

ここら辺までは ずっと右向きのまま トップのからだの向きのまま です。

M20191011suburi_Moment(8)M20191011suburi_Moment(9)M20191011suburi_Moment(10)M20191011suburi_Moment(11)










背面万歳 をするには
一ミリでも シャフトを振ったら シャフトを動かした瞬間
出来なくなります。

スローな状態で 体験してみると分かりますが、
左グリップ、クラブを持った左グリップを
右手で押す形 を維持していないと
からだが逃げます。 もしくは 痛めます。

右グリップが左グリップ・左手首を支点に
シャフトを押し始めた時点で からだは開き始めるので
背面に万歳するイメージは消えてしまいます。

グリップを両腕で作った 枠の中で動かさない限り
その枠の外へ出そうとした瞬間 からだは開きます。

ここのイメージはとても大切です。

始めの段階はゆっくり スローモーションで
背面万歳をイメージしましょう。

IMG_0838_MomentIMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





このイメージ
ヘッドは重さとして
グリップ、莨縅咾魏爾欧 ための 重さとして
使うだけにしないとイケマセン。
溜め と言いませんが
クラブのリリースをして クラブを長くしてしまえば
その方向に重さがかかります。

『最終的に どの方向にグリップを送りたいのか
 それを考えて 切り返さないと重さは味方になりません』


MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(6)



ヘッドを振って このような円弧を描くイメージを持つと
からだは開き 背面万歳はイメージとしても
不可能になります。

この位の順序で覚えて
初めて 今までのからだを開いて 手で振る
を矯正できるのです。

実際馴染んだ状態で ボールを打ってみる
このイメージを残したままボールを打ってみる




ものすごく 右を向きっぱなし…に見えるか というと
ごくごく普通に見えるのです。

その位 いままで開いて からだのボールの通過と逃し
手で振っている というコトなのです。
それが実感できれば かなりの進歩です。

これで、このイメージでボールが打てるか というと
そうそう簡単ではないです。
多少の慣れは必要です。

ですが、これが出来ない人は
 素振りの時点で出来ないと思います。
厳しい言い方ですが、
スイングの大きな問題は からだと腕をどの順序で使うか
が問題で どう使うか は二の次です。

その時間 にからだの姿勢がどうなっているのか

M20191011suburi_Moment(7)M2019810L!_Moment(7)











それによって 腕の付け根の位置や空間が異なりますから
当然 腕の使い方も変わります。

どちらか『だけ』を治すことで改善するようならば
スイングやショットに悩んでいないでしょう。

全く反対位の動作順序にして
✋ この程度の変化なのです。


頭痛薬をちょっと飲んで 頭痛が治る程度の悩みならば
自分のスイングを良くも悪くも熟成させるしか方法はありません。