あのですね〜、
打つ時、目はいつまでタマをみているべきなのでしょうか。

ふつーに当たった!という手応えを得た時まででしょう❓


 

ボールは見なくて構いません👁

見ない場合の方が良い場合も多いです。

見る と言う行為は……

 

 

えええ?!

 

平衡感覚や距離感を安定させるもので

なにか基準値があれば

ボールは見ている必要は特にありません

始めから見てなくてもいいし

視界の中にボールを確認できる程度で十分。

 

ちなみに…私は ボール見ません

 

 

はい。😵

あの〜

 

いや 見てはいけない訳ではないよ

ただ見てるから大丈夫と言うわけではない

 

20190811-OYT1I50023-1


 

例えば

 

女性であっても ドライバーだと

秒速35m位

でヘッドを動かすんだよね

時速にすると100疏宛

0.1秒で3m移動するヘッド

ボールとヘッドの接触時間は 1/3000秒

見ててどうするの?

みえるの?

 

全盛期のミスターもイチローも見えないと思います。

 

でしょ

特にゴルフのミスは

ボールとヘッド縦のズレのミス

奥行きのミスが多いの

目は左右についてしまっているから

 

奥行きの数センチの違いは

目では把握できない

 

はい、わたし、打ちっぱなしで経験あります。

 

通常 運動中の目の役割は

勿論 敵やボールを把握することだけど

こういう静止を基本 移動しないことを基本とした動作の場合 

距離感 地面・ボールとの距離感なので 

別にその基準はボールでなくとも良い

 

また ゴルフの場合

背骨を軸とした向きを変える動作が

一番メインの動作で

顔って背骨よりも顔の厚み分
 前にあるのでボールを見よう とする行為が

顔を軸にしてしまうコトが往々にして起こる

顔軸のスイング

実はとても多いのだよ

 

🌟なるほど

 

ボールを見る事よりも

からだの向きを自然に変えるコトを

優先した方がよいので

からだの向きなりに 視線や顔を動かした方が ベターですね

特にテークバック …トップオブスイングまで行く過程では
視線、顔をボールに固定してしまうが故に
からだ(骨盤)をちゃんと回せず
肩だけ、胴体をひねって 腕だけでで上げてしまう原因になる。

✋ボールなんて見てなくても 止まったボールは
そこにあるんだから 体w、骨盤をしっかり右に向けるコトを
優先させ、そのために顔も、視線も骨盤なり、胸なりに
右に向けて、 しっかり骨盤の右向きを作ることは
どのスイングの アドバイスよりも 優先される とまで
言えますね

20191006_Moment(3)


 

頭でっかちにならず、頭部分は背骨の動きについていかせるのでしょうか。

 

36682818

そうだねー

ボールを見よう 打ち終わった後も無理して
ボールを見てしまう人で首を痛めてしまう人は 
実は少なくないのだよ

 

それは「球筋を追うのは当然だ」という無意識の思い込みから
やってしまうのでしょうか。

 

もっと 詰まらないことで 
上手く打てないと「ボールから目を離した」と言われるコトを避けるため
自分の為でなく、教える人を満足させるための行為から
生まれていると推測。

 

あああ。そんな世俗的心理からくるものなのですね


ですです

予期せぬお答えでしたわ、先生。