ゴルフスイングの変遷は
クラブの変化と主にある。

ゴルフスイングの進化の
一番特徴的なモノは 重心位置変化と慣性モーメント変化。

10年、15年前までは
慣性モーメントは年々増加し
それに伴い 重心距離も長め、深め へと変わってきた。
この部分が ゴルフクラブの進化 歴史とも言える。
IMG_0784

慣性モーメントであれば
パーシモン時代、メタルへの推移、大型メタル
チタンヘッド、大型チタンへの変化 は
1000g2 🔀 5000g2 へと5倍
重心距離(ドライバー)であれば
10mm台から  40mm台
重心深度であれば
10mm台から 同じく40mm弱まで
特に ドライバーであれば
実質 ヘッドの形状を表す 重心位置は
板状のヘッドから 箱状のヘッドへと変遷した。

それによって その板状のモノを使って
ボールを打つコトから 箱状のモノを使ってボールを打つ
そういうクラブ扱いに変わってきた訳だ。

ところが SLEのルールから始まり
ヘッドの慣性モーメント制限、大きさ制限などが加わり
ヘッドの進化、変化に行き止まりが生まれ
この十年 その変化は 機種による違い でしかなくなり
スイングへの影響がある程のモノではなくなったきた

特に問題なのは
軽量スチール普及によって
何故か 小振りなヘッド、マッスルバックのヘッドまで登場し
アイアンの慣性モーメント、重心位置、重心距離〜重心深度
が 30年以上前のモノに退化してしまったコト。


ドライバーは 40mm前後の重心距離、重心深度 に比べ
アイアンは 30mm強の重心距離 4mm程度の重心深度
と 全くもって違うモノ
2000年初頭には だいぶ近づいたソレは
✋ゴルフ史上 一番離れた関係になってしまった
その影響はとても大きい。


慣性モーメントが高く 重心距離が長く深いモノ の特徴は
重さ効果が高く、スイング中の姿勢変化が緩やかなコト
逆に その反対の特性のモノは
宣伝文句であればIMG_0340
「好きな球を打ち分けられる」
つまり 変化させやすいことだ。

慣性モーメントが高く、重心距離の長い深いモノは
ショットマーカーを張って
どこにボールが当たるか よりも
どういう経路でヘッドが入ってくるのか の方が重要
正直 ショットマーカーを張って
どこに当たった に一喜一憂するのは
首をかしげたくなるもの・・・

ヘッド姿勢を変える というコトは
イコール ヘッドの入射経路も変えるコトで
その最下点でボールを捕えるコトを目標にしていると
下げる過程、上がる過程、そして最下点
そのいずれも インパクトになる可能性があり
アマチュアの練習量と頻度には適していない。

ヘッド姿勢を変えず、あくまでも下がり過程の中
の出来るだけ似たようなポイントでとらえる訓練
練習の方が 遥かに少ない練習量で
似た球を打てるようになる。

そこら辺のポイントが プロや自称上級者の
球捕えが参考にならないトコロ。


重心距離の短いモノ になると
手首など よりクラブに近いトコロをどう使うか というコトになるが
重心距離が長く 慣性モーメントの大きなものは
肘から先は固定して 慣性モーメントの大きな体 で
どう動かすか という 大きな違いになる