どんなグリップになるのか
もしくは
グリップによってどんなスイングになるのかは
だいたいここの形に出てくると思います

IMG705IMG703IMG704










左右が胸を基準に向き合った状態にあるのか
右手の上に左手が被った状態にあるのか

このトップの為にグリップが造られ
このグリップがトップを造っています

左手を伸ばして 右手の上に被せる
は からだだけをひねって 骨盤を右に向けない
スイングですので
このままボールを打ったのでは 内に切り込む
カット打ちにしかなりません。
へそから上だけをねじってあげるための
グリップだとも考えられます。

IMG700hijinuke1 (1)

トップの位置で
右手の上に左手が被った状態
この状態のままインパクトに入ったのでは
 フェースがボールを向きませんから
ダウンスイング中に
この左右の位置関係を入れ替えなければなりません
長くなった左腕を縮め 短くなった右腕を長くしないと
ボールが打てませんから その動作が
よりからだを開かせます。

葛谷Slomo_MomentIMG_0582_Moment










トップの位置で 実質、両方の腕が同じ長さ関係であるコト
それは骨盤〜胴体がしっかり右を向けているコトによって
造られるマスが、グリップの握り方も大きく影響します。


IMG_0799
トップの位置からインパクトまで
自分の胸に対し平行 やや斜め下に
クラブを持った左グリップを押せるのか どうか
グリップをからだの回転に遅らせないように
その方向に押すことが出来るのか

スイングとグリップの関係はイコールの関係
なのです。