ではどのようにグリップ、握ったら良いのでしょうか

出来る出来ない、やるやらない は別として
理想論で言うと
ちょっと今までの話を矛盾してしまうのですが…
グリップが 両手で握る(挟む) から入らなくてはイケナイでしょう。

それはどういうことか と言うと
多くの人は 左手グリップだけで クラブを握っています。
IMG_0533

言葉だけで説明するのは難しいですが
通常 右打ちの人は左手グリップから握ります。

❶親指を除く、残り4本の指で握ります

ここからが問題です。

多くの人は 親指、左手の手のひらで
その上からもう一度 クラブを握りしめ
握る事 そのものに右手は殆ど使っていません。

ですので 練習等で 左手だけの片手スイングは出来ても
あまり右手一本の片手スイングを見ることは多くありません。
IMG_0528

左手の親指で、茲亮蠅里劼蕕如/爾グリップをしてしまうと
本来 入るべき 右手の入るところが無くなってしまうので
右手が左手と離れた遠いトコロを握らなければならなくなり
左右のグリップが離れ、アドレスが狂います。
スナップショット 4 (2013-09-10 1-45)


左手のグリップは クラブの左側
そして 右手のグリップはクラブの右側 を
両手で挟むイメージでグリップを握るコトが理想です。

合掌した間にグリップが存在するような感じです。

これは 力でクラブを握る とはかけ離れた
とても不安定に感じますし、力が入れにくいでしょう。

そこが良いのです。
両手で挟んだ 合掌の間に挟んだ状態では
クラブを動かしたときにかかる負荷
落ちる力や遠心力を ヘッドからグリップ方向
自分に近づく方向に掛けないと
クラブがすっ飛んでしまいますし
ヘッドが動く量、動く速度、そして動く方向と
グリップの動く量、動く速度、動く方向が合わないと
同じく クラブがすっ飛んでしまいます。
スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)

そのグリップによって クラブの扱いを覚える
もしくは クラブの扱いがグリップを造ります。