またもや ダフリ・トップの話 です。

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット


スイング、ショットは アドレスの状態で
個人差はあるとは言え からだの幅のどこか…
人によっては左足かかとだったり、真ん中だったり
大雑把に言えば からだの前にボールがあります。
そして クラブを無視して考えても
両方の手は結んだ状態 左右の手のひらを合わせたような
片方の手によって 片方の手が拘束されて状態が
ゴルフスイングです。


ハミングバードでもよく口にしますが、
『インパクトはからだの正面あたりで‼」と言われます。
これは勿論 スイングにからだの回転を止めて
正面を向いた状態を固定して 振れ と言う意味ではなく
理想として からだは常時向きを変えている、
この中で「タイミング」として 
【からだとはこの場合、骨盤の事を指しますが】
からだとボールが正対した辺り で
インパクトを迎えたい というコトです。

それは
sample 2009_09_19_23_41_53-257フレームショット
 何故か というと
前述の通り、片方の腕は片方の腕で拘束されており
それは分かる通り 長さによる拘束です。
からだが正面ではなく 違う方向を向いた状態
良くあるパターン、ほとんどのパターンでは
インパクト時、骨盤は真左を向いていると
当然 両方の腕の長さが釣り合わず
左腕の生えた左肩はボールから遠く
右腕の生えた右肩はボールに近い状況から
左腕はめいっぱい伸ばし
右腕はそれに合わせた短さ でないと
その拘束は解かれてしまい、ボールが打てません。

左腕を届かせるには
腰、骨盤は開くけれど左肩を上げなくてはならず
それと同等に右肩は下げなくてはなりません。

左右の腕の長さの関係はアドレスと異なり
左右の肩のアドレス時の平行感はなく
スイングの中に 上下、縦を司る 部位が
二つも三つも存在することになります。

hirakidohiraki












また からだの厚みはからだの横幅の1/3〜半分です
からだの正面でインパクトが取れれば
線でボールを捕えるような格好になりますが
左を向いて となると 点でとらえる形になり
正面を基盤にしているのが 左向き 右腰横
で打つのですから 当然 最下点は蕁Ω緤にズレます。

腕の長さは合わない
肩のラインは左が上がりっぱなし
正面で構えていたものを右腰横で打つのですから
逆に トップしたり ダふったりしない方がすごい と言うか
言葉にしてみると 曲打ち としか言いようがないです。