飛距離を伸ばしたい
方向を安定させたい
ショットの確率を上げたい

練習量と頻度で解決する方法もありますが、
私たちの年齢ではそれもなかなか難しい…

スイングで治す とすると

多くの方の共通の問題である
『スイングは円運動、クラブを丸く振る』
固定概念、思い込みから解脱(宗教かい…🙄)
その呪いから解放されるか、どうか です。

IMG_0781_Slomo_MomentIMG_0781_Slomo_Moment(2)IMG_0781_Slomo_Moment(3)







前傾姿勢がありますから
土星の環のように その軌道上を
ゴルフクラブも動く、ヘッドも動く
と信じている限り、答えは見つかりません。

ゴルフクラブの構造、
例えロフトの大きなアイアンであったとしても
その長さには腕が加わりますから
長さは1.0ⅿから1.5ⅿになります
そして その先端に鉄の塊が付いているのです。
短めのアイアンであっても その移動速度の最大値、
最速値は時速100キロ近くになりますから
その外に膨らもうとするチカラ(遠心力)は想像以上です。

一度、そういう目で色々な方のゴルフスイングを見てみると
見えてくるかも知れませんが、その膨らもうとするチカラ
放っておくと 円弧は大きく大きくなろうとしますから
手前をダふったり、ボールの遠く側、外側を空振りしてしまいます。
自分とボールとの空間も足りなくなります。
ですので、ほぼ全員の人が
からだを開いたり、上を向いたり、上に伸び上がったりして
空間を確保、創造しています。
ですので からだが開くこと、上を向くコト(右サイドが潜るコト)
上に伸び上がるコトを意識的に制御しようとしても
制御すれば大きなミスになり、しなければ問題点は解決しない
と言うシーソーな矛盾にハマります。
その動作は必然によって、反応として生まれているので
その元になっているモノが消えない限り
 未来永劫 その動きは付いてくるのです。


スイングは確かに 前傾姿勢の伴う 円〜からだの向きを変える運動です。
ですので 傍から見た時、円を描きますが
その円を描くのは グリップまで です。
ヘッドはその円弧に影響は受けますが、
その円弧を上を動くことはありません。
全く別な円弧を描きます。
そして その円弧はあまりイメージしておく必要はありません。

IMG_0781_Slomo_Moment(4)IMG_0781_Slomo_Moment(5)






機械 とかんがえて グリップがやや斜めに回転するマシーンに
取り付けられているとします。
トップの位置では クラブは立った状況あたり から始まりますが、
ヘッドだけでなく クラブは当然その形のまま 重力に向かって
落ちていきますが、それを回転によって ボールとヘッドが
当たるように仕向けるだけです。
スイングであれば クラブヘッドの形状が使えるので
落ちる負荷は回転の助力としても利用できるので
無理にクラブヘッドのという重さを引っ張る必要もありません。

クラブが重力で落ちる
ただ 落ちる だけでは ボールとヘッドは当たらないので
回転して ヘッドとボールが当たるように仕向ける
単純に言えばそれだけで
ちょっとした工夫と言えば フェースでボールを打つように
上からボールを見てあげられるようにするだけ です。
重力は直線にしか働きませんから
それを利用しない手はありません。